秋の夜長にはワインと本とかどうでしょうね。
フラムクーヘンとワインを堪能しお腹いっぱいになった後は再びフォーベルクに行ってきました。

我らが作家先生、アンディーの新しい長編小説が書き上がりそうで、しかも今回は代理人を通して出版社と交渉し始めたとの事。そんなわけでお祝いです。

私たちが先に展示をしたギャラリースペースにてワイン数本ととビールを3ケースと、とても簡単に、気の知れた十数人の仲間で集まりました。お互いの共通の友人が多く来ていたため、私にとってもローマ出発の前に彼らに挨拶をするいい機会にもなりました。


彼はまだライプチッヒのリタラトゥーアインスティテュートで勉強中の学生ですが、短編小説をハンブルグの比較的新しい出版社、マイリッシュ出版という所から数年前にすでに一冊出していて、その作品はいくつかの賞をとったこともあり話題の作品です。
「ジャッキー イン シルバー」というタイトルです。私も読みました。若い人たちが主人公のおもしろ悲しい短編が詰まっています。若者の言葉が結構使われているため?な所もありますが、各ストーリーがそれほど長くないのでさらっと読めます。ドイツ語練習中の人(中級くらいかなあ)にもお勧めできるかなー。

私がドイツ ベルリンに来た当時プレンツラウアーベルグのリヒェナー通りに3年近く住んでいました。この近辺はロシア出身、随筆「ロシアンディスコ(Russendisko)」、「ショェーンハウザーアリー(Schoenhauseralee)」で有名なウラディミール カミーナが住んでいて頻繁に彼の作品の舞台になっていた地域です。
 外国人の目を通したベルリンがドイツ語を母国語にしない人によってドイツ語で書かれています。比較的簡単なドイツ語ですね。それで当時はドイツ語の勉強をかねていくつか彼の作品を読みました。ドイツ語初心者の私にも楽しんで読めた記憶があります。ほとんどが2、3ページのエッセイで、始めの頃は興味のあるタイトルから試したものです。
こちらもドイツ語に感心のある方におすすめです!

http://www.andreasstichmann.de/autor.php

http://www.hagalil.com/archiv/2001/10/russendisko.htm

e0211204_5544570.jpg
e0211204_556972.gif

[PR]