e0211204_76435.jpg

先週は古い友人の結婚式に参加するためフィレンツエに行って参りました。
e0211204_78181.jpg


e0211204_774542.jpg



歴史のある市庁舎での結婚式。
その後はキャンティ地方のヴィラでの披露宴。
ぶどう畑の広がる丘陵地帯の絶景が特別なこの日をさらに感動的にするというか、時々うれしくて思わず涙ぐんでしまうほどでした、、、ワインの飲み過ぎでしょうかね、、、

結婚する友人に加えて、長年会っていなかった人とも再開する事ができました。それぞれの現状をお互い話していると時間がたつのって早いなあと、実感します。

大事な友人家族の新しい出発。色々な事を経験し、さらに充実した人生を送ってほしいと願います。















e0211204_775611.jpg



実は今回、花嫁の介添をしてきたのです!まあ現代的な結婚式のため、彼女の身の回りのことを助けるというより他の3人の介添えとともにチーム花嫁で、結婚式、披露宴の進行担当と行った感じでした。みんなでお揃いのかすみ草のブレスレットをつけて参加者の間を行ったり来たりするのはなかなか面白い体験でした。
[PR]

e0211204_20474481.png

e0211204_2047514.png


本日5月10日20時よりハンブルクでグループ展示のオープニングがあります!
お近くにいらしゃるかた是非お越し下さい!!

Ausstellungsdauer: 11.05. - 31.05.2014
Öffnungszeiten:
Donnerstag und Freitag
12:00-19:00
Samstag
12:00-18:00

Feinkunst Krüger
Kohlhöfen 8
20355 Hamburg
Germany
[PR]
プー兄に車で飛行場におくってもらって、飛行機にのって乗り継ぎを2回して、電車にのってバスをおり、 30時間。無事に旅を終えて帰って参りました。

e0211204_5475798.jpg

ハンブルク、やっぱり家が一番!

しかし明日から展示の準備でベルリンです。
長い事家をあけていたので新しい作品があるようなないような、まずいですねえ、、、

まあこんなときも有ります。
[PR]
引き続きメルボルンです。


ほら、オーストラリアって未開の土地のイメージが、、、
あったのですが、、、

e0211204_17472850.jpg

新橋の裏路地みたいな感じ
e0211204_17473559.jpg


まさかこんなに高層ビルが沢山建ち並び、
e0211204_17474433.jpg

竹芝?

交通の便もよく、
しかも歴史的建物も沢山残っていて、
さらに、
ユニクロとか
無印良品もあるし、
街角には頻繁にセブンイレブンがーー
そして電柱が道沿いに立ち電線も地上に有るのです!(ドイツは地下に埋まっています)

えー

これって ちょっとどこかににている、、、
東京みたいー
フリンダース駅あたりは何となく池袋ー目白とか、またヤラ川沿いなんか竹芝おもいだしましたよ。


それに中国、東南アジア移民が多いため、なんだか親しみがわく様なきもします。
e0211204_1825595.jpg

また、とってもポジティブに街行くひとのテンポは結構ゆっくりだし、あちこちに大きな緑の公園があって沢山の人がその芝生の上に転がっている所とかちょっとベルリン的。
またカフェに入ればどこへ行っても丁寧に入れられた質の良い物が出てきてます。スピードと値段ではイタリアの比では有りませんが、何しろ質が良いのと居心地がよい。
e0211204_1748042.jpg

e0211204_17475256.jpg


プー姉(次女)はあーここだったら住んでもいいかなーなんてつぶやいていました。
e0211204_17481385.jpg


e0211204_17482071.jpg

e0211204_17482781.jpg


まあこんなにゆったりしているのも復活際の休暇だからでしょうかね。実際はもっと長く滞在してみないと分からないですけれどね。



実はオーストラリア 行きたいなあと思った事が無かった為、今回の旅行はほとんど下調べなしでただただ家族について来てしまったのですが、来てみてびっくりなんと興味深い事か。
観光の面も、自然に関しても、また歴史についても先に調べて行けば良かったと今更後悔です。
なによりここでも一番気になる人の動きをみました。中には絶滅してしまった部族もあるという先住民であるアボリジニ、欧米からの移民、中東、アジアからの移民の関係は歴史のなかの永遠のテーマ、記憶の新しいうちにいろいろチェックしないと、と思いました。


e0211204_1748676.jpg




あ、日本を思い出したこともうひとつ!
車も日本と同じ左側通行でした。
でもこれってドイツと逆。だから運転席も逆側。そしてその他の車の中の装置も、、、

プーさん雨も降ってないのに道の角を曲がるときワイパー動かしていて、何だと思えば、方向指示機を使っているつもりでした。まあそれでも3週間半 無事故 安全運転でしたよ。
[PR]
メルボルンにおります。

午後4時ちょっと過ぎくらいにプー兄がヤラ ベンドパークにコウモリ見に行こうと言い出し家族で2台の車に分かれて乗り込みました。
コウモリって夜行性だよねえ、兄さんどういうつもりかしら
とプー姉。

そうですよね、明るいのにコウモリなんて見られるの?なんて皆で話していたのですが、、、

e0211204_2171481.jpg

e0211204_2172225.jpg


いましたよー、黒いのがぶら下がっているのわかりますか?

夜行性なので日暮れがきて夜になると食べ物をさがして飛んで行くとかで、私たちが到着したときはみんな木にぶら下がって休んでいました。
コウモリ、大きいです!ぱっと見て40センチ以上かなあ。フライングフォックスと呼ばれていて顔の感じもなんとなく狐っぽいです。

e0211204_2173016.jpg


私たちが訪れたヤラ ベンドパークはヤラ川を挟んで市街地と隣り合わせ。そんなに長くもない普通の橋をわたったらそこは別世界と言った感じでそのコントラストはまさに驚異!
そしてフライングフォックスたちは市街地南部に位置するロイヤル ボタニック ガーデンから植生の持続が困難にするということで2003年の移動プロジェクトによって引っ越してきたコロニーとのことでした。どうやって引っ越したのだろうー?

コウモリはよかったのですが、レギンズで出掛けたので信じられないくらい蚊に沢山さされ大変でした。うへー。
[PR]