今年も始まってなんだか頑張るぞーと希望に満ちあふれていたのに、すでに焦りの冷や汗が額をしたたり、なんだかお正月前後のすがすがしい希望パワーはがたがたです。なぜかというと、、、

週末から始まる展示の準備がうまく進まない!
今回は透明水彩で作った作品がいくつか有るため、額作りをしなければならなかったのですが、思ったよリ難航し 時間が!時間が〜!!

e0211204_19344197.jpg



額を作ると言うと、いかにもプロみたいですが、木を切る所からではなく横着して、木枠はレディーメイドをつかっています。私の作業はもとからかかっているニスをヤスリで削り落とし、再び色付け、ニスを塗るという簡単な作業。しかしヤスリ掛けも、色付けも思っていたようには行かず、悪戦苦闘しております。もうちょっと早くから準備しておけば良かったのですけれどねえ。

額 = 作品じゃないし、おまけみたいな感じ = あまり大切じゃない、すぐ出来るからそれでいいよね、時間無かったら買ったやつでもいいし。

という考えが甘かった。本当は額ってとっても大切。
作品を実際よりも良く見せるか、悪く見せるかをずいぶん左右しますよ。



学ぶ事は尽きません。
とりあえず年の始めは漠然と希望を持つより具体的な目標たてた方が良いみたい。

準備は早めに

とかねー
[PR]

e0211204_23371178.jpg



年も暮れとなると街の花屋さんの店先に登場するのは毒キノコ、豚ちゃん、四葉のクローバー、煙突掃除屋さん等の縁起物を詰め合わせた鉢植えです。
今年の我が家の一品は華やかさを強調するの銀ラメ鉢カバー付き、、、 2ユーロ也


こんな不細工な鉢植え誰かかってくれるのかなあと、気の毒になりつい購入してしまうのですが、実際余計なお世話で、多少の違いはあれど、こんな感じの鉢植えがかなり売れるのですよ。 

何と言っても縁起物大入りですからねえ。

やあ今年はどんな年になることやら。
素敵なことが沢山おきる事をいのって!





今年もよろしくお願い致します。
[PR]


クリスマスの祝日中は雪なしでしたが、
27日終に降りました!寒ッ!!

e0211204_2505285.jpg


南半球にすむ義理の兄家族とスカイペした所、これからビーチに行くからまたねっとさっさと出掛けられてしまいました、、、夏はお出かけが簡単でうらやましいけれど、クリスマスにビーチはちょっと感じがちがうかなあ。

ボンのプー家のクリスマスツリーと
クリッペ。
e0211204_2514086.jpg


e0211204_2512345.jpg


ベイビーイエス様が他の登場人物や動物達に比べるとデカイ!昨日生まれたばかりって感じじゃないです。
[PR]
e0211204_17593955.jpg

e0211204_17595286.jpg

諸処の理由により今週の日曜日オークションに参加します。

土曜日のプレビュー展示には音楽と飲み物、軽食が用意されいるようです。
作品は絵画作品を中心に数点の彫刻が出品されています。興味の有る方是非お越し下さい。
土曜日12時ー23時
日曜日11時ー18時(オークション16時ー18時)
Beerenweg1b,Im Hof, Hintereingang.


もし3ユーロとかで落札されちゃったらどうしよう、、、凄く心配です。
[PR]
e0211204_2312957.jpg


ライプチヒ出身の芸術家マックスベックマンは20世紀を代表するポートレイトそして風景画家として現代にいたるまで注目を集めてきました。今回ハンブルガークンストハレ(ハンブルク市立美術館)の展示では彼の生涯に描かれた静物画にスポットが当てられています。ちょっと珍しいなとおもって出掛けてきました。

彼の作品はポートレイトにしても風景画にしても自身に満ちたラインと大胆な色使いが目立つ所です。
会場には実際モデルとしてまた日常に使われた花瓶や貝殻、ランプなども一緒に観る事ができます。
だいぶ不細工なカエルの花瓶の静物画、ポスターにも使われている作品なのですが、こんな凄まじい花瓶なんてないよねえとおもっていたら実在して、実物みてみるとそれほど悪くないところが愉快でした。

寒くてグレーな冬、暖かい美術館でカラフルな作品を見て目の保養ができたかな。



参考に
ハンブルガークンストハレ、再来年まで続く改装のため展示スペースが驚くほど縮小されています。
かぎられ空間ではありますが、クンストハレのコレクションの中でも代表的な作品がコンパクトにまとめられていて、時間がないときにささっと巡るのには悪くない感じがしました。入場料が割引なら文句なしなのですけれどねえ。
[PR]