プーさんは大のバロックファンです。わたしもそうですが、まあどちらかというと古代ローマ、ゴシック、ルネサンス派かなあ。

ローマはバロックの街!そして、その時代の代表格カラバッジョの作品が多数鑑賞可能です。

カラバッジョの人生は波瀾万丈、そして短いものでした。ですのであまりたくさんの作品残って無いのですよね、しかしそのうちのかなりの作品がローマにあります(とても素敵だ)。

今年はカラバッジョが亡くなって400年、その命日を祝い世界各地に散らばった彼の作品を招待し、大掛かりな展示企画がローマで行われているのを知っていた私達はもう鼻血もでそうなくらい興奮!
ーーーしかし 終わってましたー6月に、、、 
ブーブー!

なんとなく私たちに典型的なパターンです。400年に一度の(次500年目だろうな、、、100年先の話)機会を逃してしまったー。
かなり落ち込みましたが、まあ数々の作品がまたよその国に帰ってしまったと言っても、大半はまだローマに残っていますので、気を取り直して鑑賞してきました。

サン ルイージ デイ フランチェージ教会の 聖マタイの招令 マタイ関連作3点
サンタ マリア デル ポポロ聖堂の 聖パウロの改心、聖ペテロの磔刑
バルベリー二宮殿のホロフェルネスの首を斬るユーデット、ナルキッソス、
もちろんバチカン美術館のキリストの埋葬などなど、、

本当はギャラリア ボルゲーゼにも行くつもりでしたが予約を取るのが面倒なので今月はパスしました。

どれをとってもその光線の使い方、まるで舞台の一幕を見ている様なドラマチックさは格段。その背景の黒の深い事!

聖パウロの改心なのですけれど、わたしパウロっていうと、散々布教のため骨をおり、ローマで殉教する苦労多きしわのおじさんと言ったイメージばっかりあったものですから、彼の馬から落ちるパウロが若者(青年)として描かれているのには大変意外だったのですけれど、よく考えてみると当時のパウロはまだキリスト教徒を迫害する意気満々のサウロ時代でパウロの若い頃の様子だからとっても利にかなっているなーって納得してしまいました。まあそれを抜きにしても彼若い男の子を描くのは彼の十八番ですよね。

もう一点、先に二つあげた教会にある作品なのですが、礼拝堂の中に配置されています。狭くコの時型にされた礼拝堂にかなり大きなサイズの絵が、向かって正面に一枚、その左右に一枚ずつ(二枚)飾られています。鑑賞する側としては側面の二枚が大変見づらいです。
教会の為、その礼拝堂の場所の大きさに合わせて描かれた絵だと思うので、ただの観光客が鑑賞者として神様、もしくは聖人たちに捧げられた作品の配置方法に文句を付けるわけには行けませんが、やはりもっと良く見たい!と思うと、ちょっと残念だなあと思うのです。

それと、なんとなくこれはどうなのかなと思うのが、教会内の祭壇って大変暗いのです。だから明かりが無いと絵が見られない!で祭壇の脇に自動集金機があってそこに50セントなり1ユーロなりを投入すると数分間ランプがついて、作品の全容が見えるという、、、
なんだかある意味でとってもけちくさい、観光地の展望台有料望遠鏡をのぞく様なノリです(まあ大変観光地なのですが)。天下のローマカトリックの教会そんなのでいいのか?とも思えば、じつは何より私たちの
聖なるカラバッジョが、、、安い見世物小屋のみせものみたいでいやーいやー!そんなのだめー!!
と思ったりするのです。まあ必要なときだけ照明が当てられるのって絵画にも環境にも優しいのでしょうか?どうなのだろう。


e0211204_0515955.jpg

聖マタイの招令です。写真では本当の様子を伝えるのは無理!
私もプーさんも失神寸前。やっぱり本物はすごかったー
[PR]

ローマの海オスティアに行ってきました。

9月30日もう海水浴の季節もほぼ終わりですが、町中は30度を超える日々、それに私たちにしてみればまだ夏休みです。プーさんが海に行きたいといって仕方がないので本日決行です。

ローマは海が近いのですよ。市街地の観光があまりにも有名すぎてローマに来て海へ行くという考えはあまりなかったものですからびっくり。 電車で30分走るともう海です。

海往き電車(リド ディ オスィアLido di Ostia行き)はメトロAのピラミデ駅につながった ポルタ サン パウロら発着します。メトロと同じチケットで乗車でき片道1ユーロで行けてしまいます。安い!
私たちの住むバシリカ サンパウロ駅は ポルタ サン パウロの次の駅です。そこから乗車してそのまま終点で下車、向かいはもう海!この街はオスティアというそうです。

目の前が海なのは良いのですけれど、海岸線は大部分が、私営の海水浴施設と言ったらいいのでしょうか、大分VIPな感じの施設で埋め尽くされ、公共の部分ほとんど見当たらないのです。

私営海水浴施設というのは入り口でいくらかの料金やビーチチェアー7ユーロ パラソル9ユーロなどエトセトラを払い入場します。敷地内ではビーチバレーコート、テニスコート、バー、レストラン、スイミングプールなどの利用が可能という非常に娯楽性の高いものの様です。

私たちが今回求めていたのはごく素朴な公共の誰でも無料で砂浜に入れてタオルを砂浜の上に敷けて、勝手に海に入れるビーチです。

夏場は長い海岸線用に海行きのバス、その名もmare(海)が出ているらしいのですけれど、私たちの場合はもう九月の終わりでシーズンは終わっていたためバスダイアが変わっていたので徒歩でした。
駅から20分くらい歩いたでしょうか。ようやく見つけました!一般人使用が可能な砂浜です。娯楽施設はありませんが肝心な海と砂浜がそこに!
平日と言っても、いくらかの海水浴客がいて海に入ったり ビーチで日に焼けたりと、ゆったりしていました。
私は風邪気味のため砂浜にタオルを敷き転がって昼寝をしたり、釣り人や魚を眺めたりしていたのですけれど空の美しい事!ハンブルグはあまり晴天の日がないものだからこのオスティアの青空、高層に見える絹層雲よかったなあ。
e0211204_511768.jpg
e0211204_510345.jpg

夕方四時ぐらいに駅前の海辺のカフェで休憩して帰ってきました。ローマから気軽な半日旅行です。
[PR]

今日はサンピエトロ寺院へ行ってきました。(9月28日)
私のいろいろな手続きが少し落ち着いて、せっかくプーさんも夏休みで来ているのだからローマの最大の見所へ!となったのです

観光の下調べをしてこなかったため大分エネルギー消費型の一日になってしまいました。
私たちの愛するミケランジェロとカラバッジョを求めて!と、かなり勇んで13時くらいにのこのこ出て行ったのです。

メトロのオッッタビアーノ駅を出てからサンピエトロ寺院へむかいました。徒歩で5分くらい歩くと、壮大なバロック建築がそこに!聖堂への入り口どこかと探せば簡単に見つかりました。なぜかと言えばそこには大変ながーい行列が、、、思いのほかあっという間の15分ほどでセキュリティーチェックが済んで、その先へ。円形広場のふちを飾る柱の廊下を進むとまた行列が、、、2つ?一つはそれなりの速度で進むのですけれど。もう一つはごくゆっくり、、私たちはなんの標識もないその列の一つ、ゆっくり進むほうのを選びました。何故かというとーこんなに人が待っているのだから何かすごいものがあるに違いない!見逃がせないぞ!(でも何が観られるかは?)といった判断からです。行列は続くよどこまでも、、、面倒くさくなってきても30分並んだ後でここから抜けるのはもったいない様な気がしてさらに並び続け、そしてついに判明したのがドーム展望入場の列だったのです!

入場料は学割り無しエレベータ+階段300段コースに7ユーロ、全行程階段コース(500段位)5ユーロです。プーさんはエレベーターで昇りたがりましたが、私は200段の違いだったら少し足を動かした方がいいし(うちの若造はメタボ気味)、エレベーターに載るのにまた行列にならばなければならないので、階段コースを強制しました。

最初の200段目から見渡せるローマの街はオレンジ色とオレンジ色の街緑の丘が美しく、ああローマに来て良かったねーと二人で感動して、少し休憩し、先に行ったのですがその後の道のりが地獄でした。ドームの屋根をグルグル昇って行くのですけれど、せまい!しかも渋滞している為進めない!階段の幅70cmぐらいでしょうか。すれちがいは出来ません。ちょっとパニックを起こす人がいても仕方ないかなと思える状況です。数段あがって、止まって を何十回繰り返した事か。
でドームの頂上!ああ空気が十分にある!美しい景色!と喜んでみたかったのですが、、、、、
実は私もプーさんも高い所は苦手で、、、、三、四の写真を撮って、しかも3分も滞在したかどうかも不確かに、下りの階段に向かいました。

e0211204_4552053.jpg


せっかく長い行列に耐えたのにこの有様です。
聖地における苦行といった所ですよ。
参考に私たちは2人ともキリスト教徒信者ではなく純粋な観光客です。
ほんとはドームのてっぺんなんてどうでもよかったのにー!

e0211204_4562431.jpg


教訓 行き先は確かめるべし


地上におりてから今一度、短い列についてドーム内見学。はっきり言ってエネルギーを使い果たしてしまっている私たちは ミケランジェロのピエタと対面しても感動薄く、また次回ゆっくり来ようねといってサンピエトロ寺院を後にしました。


続いて、わたしたちへの更なる使命、バチカン美術館へも行ってきました。私のヒーローミケランジェロのシスティナ礼拝堂です!ラファエロの間です!ピナコテークです!そこには我らがカラバッジョの作品もあります。美術館の入り口は寺院の入り口から大分離れた裏手に回った所にあり、そこに向かう途中、ジェラードとコーラでリフレッシュです。

いざ入場、、、、入場料15ユーロ(国際学生証にのみ割引あり)に少し引いてしまった2人ですが、結論から言うと入ってよかったー。でもまた今度ゆっくり時間があるときに来ようね。です。

ここでもいつもと同様のおしくらまんじゅう、バチカンの誇る世界のビッグスターミケランジェロのシスティナ礼拝堂に行くまでの道が恐ろしく混んでいます。そこにたどり着くまでには実は数々の見所があるのですが、ローマに住んででもいない限りそのコレクションをいちいち観るのも大変なエネルギー消費になるでしょうから皆礼拝堂に急ぎます。しかし通路は狭いので渋滞です。

私たちは結構疲れていたのでのんびりと観て回ったのですが、意外な事に近代の作品も興味深いものが結構あって、、、モランディとかジャコメッティー、シャガール、クレー、ピカソもありました。ここでなかったら世界のどこの美術館でも大スターですけれどねえ、バチカンですとやはりルネッサンスの巨匠との格差が(人気の)歴然です。モランディなんかはふだん見る事のすくない風景画さえありました。私たちにしてみたら思いがけず彼らの作品に行き当たってラッキー!といった感じで鑑賞してきました。

続くシスティナ礼拝堂。実は最近保存状態に問題が出て来ているそうです。やはり外界(入場者)との接触は絵画の状態を悪くするそうで対策が大事だと、、、礼拝堂内は本当に人でいっぱいです。彼らのはく息、体についたホコリ、外界の気温が絶え間なく持ち運ばれる礼拝堂、今後はどうなることかと、、

わたしがヒーローとあがめるミケランジェロですが、実はその上にスーパーヒーローがいてその名はジョット大大先生です。なにしろ彼の作品から私はルネッサンス、フレスコに恋してしまったのです。彼の代表作であるパドヴァのスクロヴェー二礼拝堂、私たちは2009年に訪れました。システィナ礼拝堂に比べれば規模は小さいのですがそこに入場する際の管理が私たちにはびっくりです!

チケットをまず付属の美術館で買います。ですこし離れた礼拝堂に行くわけですが、最初に礼拝堂前にたてられたガラス張りの小さな部屋の中に約10人案内されます。それから15分間そこで時間を過ごさないと礼拝堂には入れない仕組みになっています。要するに外界の空気を中に入れない為に温度調節のされたその部屋で私たちの状態を管理すると言ったらいいのでしょうか。その15分間は礼拝堂の歴史 ジョットについて、またパドヴァの街の歴史などをビデオで見ることになります。その後前のグループが出て行きます。そして私たちの番!やはりガラス張りの25メートルぐらいの廊下を渡り礼拝堂に入れるという仕組みになっていました。イエスの母マリアの誕生の話からイエス キリストの物語、最後の審判までが壁いっぱいに描かれています。鑑賞できる時間は15分。制限時間が来ると次のグループを案内すべく、私たちは退室しなければなりません。

でも15分でははっきり言って私にはたりません。(次の日にもう一度訪れました)

初期ルネッサンス期を代表する大切な作品を持つ礼拝堂の保護対策ですね。おそらくこういった対策がシスティナ礼拝堂にもいつか近いうちに必要になるのだろうと思います。しかし訪問客の数はスクロヴェー二礼拝堂と比べ物になりませんから、大人数に対応する画期的な方法が必要だろうなあ。

ミケランジェロの作品は主に天井に描かれているのですが、上ばかりを見るのはかなり大変です。私なんか3分も上見てられません。どんなに苦労をして彼はこの作品を描き上げたことか、、、、
鑑賞者としての私たちは好運な事に上ばかり見ていなくてもその側面を見れば、またペルジーノ、ボッチチェリとルネサンスオールスターの作品がみられるところが素敵です。
[PR]
その次の週のこと
留学、エラスムス担当者なのですけれど、前回証明書の件でうるさくした為か、一応彼女に会う機会ができました、、、
既に2ヶ月前から担当をやめてしまっているそうです。だから正確には前エラスムス担当者ですけれど、ちょっとどういう事?ってなりますよね 後任の人もいないままですよ。当然返事がないはずです。 メールアドレスも閉鎖しているようです。そりゃメールは全部帰って来てしまうに決まっています。普段は温和(?)な私も怒りを隠せずですね。暴れてーーーやろうかと思いましたが、そこは我慢して、怒っているのが相手に解るていどの少し大きな声で問題点や責任についての事をただしてやったのですが、学校がどうにかするしかないので私には関係ないといい始め、、、だいたい彼女が語学学校の始まりは10月からですと言ったのに、それも計画が出来ませんでしたなどと、、、じゃあわたしの予定は?語学コースのためにひと月早めに来たのに!なんだか双六、振り出しに戻る、さらにペナルティー付きー、、、 学生証の作成と、うちの学校に提出する書類のサインとファックスを彼女が済ませている間に、カウンターに山積みにしてある一番うえの書類に目をやったところ、、、先日連絡した件ですが時期が差し迫っているのでもう一度というトルコかどっかの美大からのメールで、こちらからの学生にはイタリア入国にヴィザが必要だから書類を送ってくださいという緊急メールでした。ああどこの学生も、また相手国の担当者も困っているのかなあって。気の毒なかぎり。

ぐったりしてばっかりいられないので出来る事は自分で手配です。
語学学校ですが
市民講座に登録する事にしました。私の場合大学に登録してある為ヴィザに必要な書類をを語学学校から受ける必要がないことと、普通に語学学校へ行くとかなりお金がかかるので、週3回と回数が少ないのですが登録料だけで済むローマの街が運営するイタリア初級コースに決定しました! かなり問題が片付いてきたかなー!


うちの学校は街の中心地にあります。写真はピアッツア デル ポポロここから徒歩3分。
e0211204_349154.jpg

[PR]

いくつか見て回った物件の中の一つ、ニュミドクアタラート駅近くのアパートの住人イラリアから返事が来て、家主との契約をするので来てくださいとのこと。

4人で暮らしのアパートで、その1部屋が私に貸し出される事になりました!。450−480ユーロ(冬場は光熱費がかかるため少し値段が変わります)学校へもメトロAで30分で通う事が出来ます。

イラリアはオランダのロッテルダムでエラスムス交換留学を経験していたためか英語は流暢だしとてもフレンドリー!ローマのエラスムス学生のサークル運営にも携わっていたとのことで、いくつかの情報をもらったのですが、数あるローマの大学においてなんと!!うちのアカデミーの怠慢対応はどうも大変有名だそうです。アカデミーの留学生は我慢できず帰って行く事もあるって話を聞いているという、、、更なるだめ押し、しかも関係者からのだめ押し、わたしも気づいていたのですけれど、信じたくなかったというか、ローマを選んだという自業自得をみとめたくないのです、まだ、、、

学校の事は置いておいて、

そのアパートの住人達はイラリアを含めほかの女の子達の感じが良くて,契約が出来るときいてほっとしたのですが、いざ家主と対面してみると、彼は私の学校からの証明書が必要だといい始めました。やはりどこでも外国人、特にEU圏外の外国人への部屋の貸し出しには慎重ですね。違法滞在されても家主さんは困るでしょうし。納得できるのですが、私の場合問題はアカデミーからの証明書みたいなものは何にもっていないことです!
仕方がないので明日、事務所に出かける事にしました。私は交換留学生なので普通でしたら交換留学、エラスムス課で手続きするはずなのですけれど 担当者が一度も現場にいた事がないため、しかたなく正規の学生に混じって登録手続きと書類を入手する事に決めました。


朝10時30分事務の開始時間です。その少し前に行ったら既に順番待ちのチケットは無くなっていました、、、何人かの人に状況を聞いてみましたが言葉が通じません、あまりにも長くうろついていたのが功を奏してか、遅い番号を持っていた人が私にチケットを譲ってくれました。(長く待ってられないので次の機会に早い番号を取りに来るみたいです。)37番です。

待つ事、本当に3時間半!。四人くらいの事務員さんが対応しているのですけれど、私がエラスムスの学生で証明書が必要なんですと片言のイタリア語でいうと、彼らは、ああーエラスムスね、私たちには解らないわーという話になってしまい、三時間半の待ち時間にもかかわらず、あわや相手にされず放置されるか!と恐ろしい予感が浮かんでーーー「担当者が一度もいないのです!三ヶ月連絡がほとんど取れません!!」と必死に(本当にもの凄い切実さをアピールです。ほとんど舞台女優並みのオーバーな様子で言ってみました)説明すると、小さな部屋へ連れて行かれて、、、何で普通の学生の登録に来たの?(だってエラスムス担当の人オフィスにいた事無し)何が必要なの?と聞かれ。アパートの契約に証明が必要なんです 正式な証明書をくださいって一生懸命片言のイタリア語、英語をイタリア語っぽく聞こえるアクセントで試してみたり、英語の現在形のみを使った筆談、身振り手振りなどありとあらゆるッ手段を使って意思を伝えていると、けっこううるさくしていた為か、野次馬めいた人たちも含め、いろいろな人がこのオフィスをのぞきに来て、そんな中、プレス部署の年配女性が、、、彼女、英語とドイツ語が出来たのです。まさに救い!!あれこれ説明してお願いすると最終的には学長室に案内されてサインと証明書を作ってもらう事になりました。待っている間彼女に「あなたそれでどこにアパート見つけたの?」って わたしはどこどこで、家賃がいくらですと話すと。ああそれってずいぶん遠くじゃない。その値段だったら私の友達で町中に住んでいる友達がが今新しい同居人を探しているからそっちはどう?とその友人の電話番号をくれました。すぐに電話した方がいいわよというので、早速電話してみると17時に家に来てくれる?って
そんなやり取りをしているうちに証明書が出来て15時30分です。もうくたくた。その足で見学先アパートのあるマンゾーニに向かいました。朝食もろくに取っていなかったので駅近くのスタンドでピザとコーラを飲んでいるうちに17時です!訪ねたお家は19世紀末にたてられた古い建物1897年って言っていたような、、、門番のおじさんにエレベーター凄く古いから気をつけて乗ってねって言われました。で怖かったので4階(日本の5階)のアパートまで階段で行きました。

アパートですが、14平方メートルの部屋にベット、机、椅子等の家具付きです。光熱費 ガス水道全部込みで500ユーロ。本当は予算オーバーなのですけれどその気になれば学校までその気になれば歩いて行けるし、街の中心地ですし、、また十分な大きさの部屋だし、半年ストレスなく暮らすにはいいのかなあーどうしようと考えていると、
なんとその間アパートのイラリアが、、、家主さんがうちに来てやっぱり契約できないっていうのというショートメッセージを携帯電話に送って来ました。後に彼女が電話をかけて来て理由を話してくれた所によると、どうやら家主さんが問題にしたのは、わたしにちょくちょく外国からのお客さんがくるようだったら問題だっていいだしたそうです。彼女にしてみればわたしに来客があってもどうでも良い事らしいのですけれど、家主が貸さないと言ったら契約は出来ませんからね、そんなわけで、そのアパートの紹介がもらえたのはまさに幸運でした!という事でそこに決定です。
問題一つ解決です!


それにしても100通以上のメールを送って返って来た返事は25通前後。下見に招待されたのはたったの8件でした。

後にローマのアカデミーの学生でハンブルグに昨年エラスムス交換留学生徒として来ていたカラブリア出身のA君と十月半ばに話をした所、彼がハンブルグ留学のあと実家に一度帰って、そのカラブリアから部屋探しをしたとき70件以上に電話とメールでコンタクトを取り、30件下見をして、ようやく決まったんだよ。僕たちにだってローマはきついねえって、イタリア人にそれを言われると、みんな苦労してるんだねーってちょっとほっとするような。それにしても今回はかなりつらかったよう。ローマの学生住宅事情でした。


アパートの中庭側
e0211204_6534318.jpg

[PR]