イヤー学校ようやく始まりそうです。`そう` がミソです。まだ始まったわけではありません。

きょうは(10月25日)授業のプランが発表されるから学校に行くのがいいよってA君からの知らせです。もちろん期待はしていませんがエラスムスオフィスにも、、、
しかし今日は志を同じくする同士が!!他国からのエラスムスの学生に会う事がきょうは出来ました!
なんだかほっとしたー。

今日知り合った彼らは、ポルトガル、スペイン、チェコ、ルーマニア、ドイツはライプチヒからのエラスムス交換留学生達でした。話してみるとみんな同じパターンです。10月初めに来てみたものの、約束された語学コースはないわ、オフィスに担当者はいないわでみんな同じ問題抱えてました。ポルトガルからきた男の子は家族にに連絡できないよー、ローマにきて何やってるって聞かれても困るしなあって。ライプチヒからの女性は奨学金の半年分をプライベートの語学学校行く為に使ってしまって口座から残高がなくお金が引き落とせないとか、、、
みんな大変だったんだねーとお互い励ましながら、連絡先を交換し何かいい情報があったらお互い知らせ合おうと言う事で今日は別れました。

して今日の学校は本当に入り口から階段まで生徒がいっぱいでした。これから二週間半、各教授が今学期の予定の講話をします。興味のある授業、先生をプランの中から探して、定められた時間に話を聞きに行くのです。わたしも幾つか見当をつけて明日から早速活動開始です!楽しみだー
[PR]
私の住んでいるエスクイリーノ地区にはローマで最も古い歴史のあるジェラードファクトリーがあります。Palazzo del freddo gerateria giovanni fassi です。氷(寒い)の館って言ったらいいのかな、 ジェラテリア ジョバンニ ファッシ。 長いのでファッシです。
お店を見つけた日から毎日通っています。定休日である月曜日なんか泣きそうーなくらい大ファンです。
30数種類のジェラートに加えて、やはり十種類以上あるセミフレッドケーキ、氷菓グラニータなど、まるで天国のよう!

すべてボリューム満点、何を選んでもとどめのクリームがまさに雪山のように乗せられます。なんて幸せ!!
わたしの一押しはブリオッシュサンドです2ユーロ20セントなり。
ふわふわの丸いパンを真ん中で二つに切ってもらいその間にジェラートとたっぷり生クリーム。
e0211204_5424481.jpg






街を散歩しながらあっちこっちのぞいて行くのですけれど、どこのケーキ屋さん、バールを見てもそこに並ぶ数々のお菓子素敵です。
e0211204_5453160.jpg





これでこっちのお菓子ってかわいらしいのが多いですけれど、日本の和菓子の美しさは本当に世界に誇ってもいいですねー。わたし羊羹が好きなのですけれど、草枕で漱石先生も大分羊羹を美しく表現されていらして、、、なんと言ったらいいか、もうsexyです羊羹。ここまで書かれて食いたくならないものはいないと思います。

女子校時代のお友達が和菓子屋さんに嫁いでいて、この春に羊羹といろいろなお菓子を送ってくれたのですよ、荒木やさん自慢のくり羊羹。素材の味が生きています。えび茶色のあんに栗の金色がまた美しい!
最初の半分はプーさんに内緒にしてこっそり、(彼にただただもりもりと食べられてしまったのでは泣くしか無いので、、、)そして残りの半分は2人一緒にいただきました。(幸運なことに彼は半分すでに無い事にあまり疑問をもっていなかった)
私が本当は独り占めしたかった羊羹はここでご覧いただけます。
http://www.arakiya.jp/

和菓子って本当に鮮やかな美しさももちろんですけれど、しっとりとした美しさがあって、これってよその国のお菓子からはなかなか観られませんね。フランスのケーキもイタリアのケーキも華やかさ、かわいさ満点でまるで宝石のよう!と思うのですが絶対色っぽくはない!!ドイツ菓子もやっぱりたまにかわいらしいかなって事もあるけれど繊細さはあまりないです。ババーンわたし大きいでしょー!オーブンでしっかり焼かれましたー!と言った感じ。シンプルでシックな外見のザッハートルテにしても、そのチョコレートコーティングは戦車的な、まさに完全武装って言った感じがしますね。
まあなんだかんだいってみてもこっちのお菓子も美味いです。バタークリームとか大好き!
(ようするにどこのお菓子も大好き)

日本の素朴なおはぎとかも好きですが、しんこまんじゅうがですねー シーズンがくると夢に見ますよ。 わたし日本のものそんなに恋しくないのですが、鰻としんこまんじゅうの事は考えるとつらいですね。(しんこって新粉らしいです)もちもちのかわに、こしあんかつぶあんがたっぷり。決めてはそのもちもちの真っ白な皮で、赤と緑の点々をあしらってあるものがスタンダードだと思うのですが、そのシンプルなデザイン! 真っ白な皮にー赤と緑ー。 誰が考えたのでしょうねえ、もの凄くかんしんしてしまいます。地元っ子の誇るお菓子です、二月くらいからかな初午の季節菓子ですね。旧安蘇郡、現在の佐野地区の和菓子屋さん、洋菓子屋さん等でよくみられるはずです。


参考にファッシ
http://www.palazzodelfreddo.it/
Palazzo del Freddo - Giovanni Fassi
Via Principe Eugenio,65/67/A
e0211204_54417100.jpg

e0211204_5444589.jpg

[PR]

再びアカデミーに行ってきました。実家カラブリアから先週再びローマに出て来たA君が私に学校を少し見せてくれるって、それとエラスムスオフィスに新しい助っ人が来た為、新しい情報が得られると思ってのことです。A君はハンブルグに一年滞在し、その当時何回かアカデミーの様子を私に語ってくれたエラスムス交換留学の学生です。

11時 約束の時間に彼はイタリア人らしからず既にきていました。彼に久しぶりに会ったらなんだかアパート探しの苦労と最近ようやく入居したらしく部屋が整っていない事、日曜日少し寒かった事など、ストレスの連続で気の毒に風邪を引いたとのこと。クソ暑いのにかわいそう(10月14日です)

少し学校内をめぐってから、エラスムスのオフィスにも同行してくれて、私が済ませた手続きとその他に必要な手続きについてイタリア語で新しく担当になった男の子と話をしてくれたのですが、、、いろいろ確認して行くと私の書類が全部無くなってるー!担当の男の子(緊急の助っ人であって責任者ではありません)もハンブルグからの学生のファイルには何も入っていないけどおかしいねえ、、、って??二週間前作ったのにー?あんなに大騒ぎして作ったのに?無いってなに?確かにオフィスの机やら棚やらを観ると大分混乱している様子ですが、その書類が無いとメンザ(学食)利用のカードが作れないという、、、、助っ人君とA君とで話してみて、きっと学期の始まる一週間後くらいにはすこし落ち着いて登録の書類も見つかるかもしれない(「かも」ってなんだ!?)のでまず登録書類のほうは置いておいて、試しに直接メンザの事務所に行って交渉してみるのが良いのじゃないか話になり。アカデミーからメンザに移動です。

その移動が30分。アカデミーは美術系、デザイン系のみのほぼ単科大学なのでいくつかの手続きをサピエンツァ大学というヨーロッパ有数の学生数を誇る巨大大学で済ませなければならないのです。2人で巨大大学の巨大メンザに着いてみるとメンザ利用カード作成窓口に長蛇の列。約70人位の順番待ち学生に対して担当者が一人です。まあいつもの事で慣れて来たのですけれど、30分行列してその担当者に話を聞くとエラスムスの登録書類の他にフィスカルという登録番号が必要だって??パスポートナンバー以外の番号です。このメンザからかなり離れた所で番号の作成可能で、そのオフィスは今日はもうしまっています。
あー何故一日一つの事がこなせないのか?!なんですべてのものが離れた所にあるのかー!! 
なんで振り出しに戻るがそんなに良く出るのか!!!
一緒につきあってくれたA君もローマの学生生活5年目とあって、 慣れたものというか、はじめからあきらめてーある意味で余裕かなあ、イタリア育ちはさすがに違います。彼もまた明日再びこのサピエンツァ大学にて奨学金の応募をしなければ行けないとの事。 やはり行列待ち3時間コースだそうです。

みんなそんなに時間たっぷりあるのー?それとも日本で育った私の時間の感覚がまったく違うだけなのか(そうみたいだ)、、、
こういう事って少し長くその土地に住めば慣れるのでしょうが、今回のわたしは半年限定と言う事もあり、すこし焦り気味かーとも思うのです。なかなか意識を変えることって難しいなあ。
[PR]
今日から新しいアパートでの生活開始です!(10月8日)
私の住む地域は中央駅からさほど遠くもなく、移民街として知られるエスクイリーノ地区、ヴィットーリオ広場の少し先でマンツォー二と言う所です。さらに先には若者たちでにぎわうサン ロレンツォ、サン ジョバンニがあります。コロッセオも歩いて10分!かなり大きく活気のあるエスクイリーノ生鮮マーケットも近所にあり買い出しも心弾むといった感じです。

この地域は移民街と言われるだけあってかなり他のローマの地区と様子が異なるようです。
アフリカ系、また本当に沢山の中華系やインド系の服飾店、食材店 レストランが途切れる事無く建物の一階部分に観られます。ここほんとにイタリアか?ってたまにはっとしますし、なんだか自分が外国人という感覚が薄れます。(わたしは中華系の人たちとあまり見た目が変わりませんから)

先日までいたオスティエンセ、ローマの歴史的中心地では、こういったお店はほとんど見られないので、ここでの密集にはおどろきでした。

1897年にたてられたというアパートで天井も高く美しい様な、しかし修復されてない建物の外壁を観るとちょっと危ない様な、、、私的にはベルリン時代に住んだ家に雰囲気が似ていて凄く気に入っています。しかし家賃は 3、5倍!
古い建物のくせにエレベーターが付いていて、まあこっちももちろん年代物です。扉が5枚着いています(正面に一つと側面)2人乗ったらいっぱいの小さいものです。初めてここを訪れた時、受付のおじさんがこのエレベーター古いからね、手荒に扱っちゃ駄目だよー。って、本当に壊れ物の様に見えて私はアパートのある五階まで足で昇りました。未だに怖くてあまり使いたくない代物ですけれど、同居人曰く今まで故障した事はないわーって。でもやっぱり私には無理。いつも階段で上がっています。また屋上にあがるとサン ジョバンニ大聖堂の屋根にたつ彫刻が見えたり街の子気分。しかし排気ガスがかなりひどい、、、(まあこれはローマ全体かな)まあ長所もあれば短所もありです。
e0211204_2302277.jpg

 
(屋上からの写真)
[PR]

ローマは町中に遺跡はあるし公園もかなり多いです。街路樹も多くの小さな道にまで観られます。今はまだ秋も始めという事でまだ紅葉もぼちぼちと言った所です。

先日、ローマ現代美術館MACROに行く途中歩道を歩いていると、いくつかのオレンジが落ちていて、あら誰が落としてしまったのだか、もったいないわーと思いながらも先に進みました。驚いた事に行く先にまたオレンジが4つも5つもー8個9個えーなになにーまだまだ落ちていて、、、道沿いの八百屋さんが誤って箱をぶちまけたかと考えていると、なんとその通りは街路樹がオレンジの木でした。オレンジの木が街路樹ってなんだか想像できませんでしたね。誰も拾う様子も無く何となくもったいない様な気がするのでですが、だれも拾わないからにはきっと美味しくないのだろう思い、私も拾わずながめるだけにしました。ここで拾い食いもなんですし、、、

これで街路樹。ドイツなんかだと私の知っているベルリン、ハンブルグ、ボンなんかではカスタニアン(マロニエの木)とかリンデン(菩提樹)あー プラタナスも結構植えてありますし もしくはアイヒェ(ドングリがなるやつ)なんかを良く見かけます。夏はやっぱり緑も美しく秋は金色になりドイツなりの季節感を感じることのできるアイテムです。

ローマはやっぱり随分南に位置するだけにオレンジの木然り、種類がずいぶん違っていますね。アパートの中庭とかをのぞいてみるとよく芭蕉、ヤシの木が植えてあります。南国気分。
e0211204_4151034.jpg
e0211204_4142638.jpg

[PR]