<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

教会のツリーだけ披露しておいて家のは見せないのですかとのご指摘。
今年はLametta (ラメッタ)という銀色でしゃらしゃらする飾りをお母様がよそからもらってきたという事で使ってみたのです。

しかし、、、
なんだか、、、
どういう訳だか、、、
うまく言えないのですが、、、 
みょうちくりんになってしまいましたよ、、、

e0211204_2014344.jpg



お蕎が枝から垂れているかの様な感じがするのは私が日本人だからでしょうか。


このラメッタ、今まで使った事が無いので、私には全くなじみがありませんでしたが、かなり一般的なデコレーションの材料で、効果はもみの木に下がるつららをイメージした物だそうです。現在では合成樹脂、プラスチックから作られていてとても軽いです。しかし昔はアルミニウムなどのメタル製でした。戦争中などはレーダーよけという事でアルミホイル状のものを空軍が空からまき散らし、それを子供達が拾って細く切ってデコレーションにしたという話も聞きました。


参考に
来年はラメッタなしでしょう。
[PR]
by rondine11 | 2012-12-26 20:36 | その他
e0211204_2143120.jpg


24日の23時は恒例、プーさんのお母様がコーラスをする教会のミサへ行って参りました。

イエスさま生まれましたよ。
Frohe Weihnachten!
[PR]
by rondine11 | 2012-12-25 21:18 | その他
今年のクリスマスですが、
妙に暖かくてなんだか調子がくるってしまいますねえ。
月のはじめは 結構寒くて雪なんかもつもるほど降ったから、これはホワイトクリスマスになるかなあと大分期待していたのですが、無惨にも現在気温は7度。これはなんだか冬にしたら暖かいとも言える気温。クリスマスツリーを買いに行っても大粒の雨が降っていて雰囲気はどうもイマイチです。


ところで20日より恒例、ボンに来ています。散らばった家族が続々帰ってきてにぎやかです。
家族が集まればー何が出てくるでしょうねえ。
美味しい手作りケーキです!!
e0211204_4432237.jpg


プーさんのお父様が家族皆で食べられるようにとヴェガン仕立てといって卵なし(きな粉で卵の代用)で作ったと言っていたのですが、、、実はバターが入っていました。
何はともあれ焼き型から外したとたんにあっという間になくなってしまいました。
こんな感じで
ゆっくりとクリスマス満腹週間がはじまりますよ。気をつけないと!
[PR]
by rondine11 | 2012-12-23 04:48 | その他
毎日お家にこもっているかと言ったらそんな事ばっかりではなくて、展示などを見る為にたまに出かけていますよ。
やっぱり一度外にでるとなると、この季節寄りたくなるのがグリューヴァイン(ホットワイン)スタンド。

e0211204_127785.jpg


先日何を飲もうか迷っているお友達にじゃあ Eierpunschアイアープンシュどう?と薦め、素直に頼んでいたのですが、かなり、全然、まーったくお気に召さなかった様子でした。
彼女曰くこれは流動ケーキでしょうっ!=飲み物じゃないって。

飲むケーキこと、そのEierpunschとはいったいなにかというと日本の卵酒みたいな物で、卵の黄身と沢山のお砂糖、ブランデーが主な成分である卵リキュールで作られているとても暖かくクリスマスマーケットに欠かせない飲み物です。ちなみに卵リキュールはクレープやアイスクリームのソースとしても人気があります。
私これが実は好きでして、本拠地がボンに有るという事でさらに私のひいきにする理由があるのですが、、、お味と見た目ですね、半端じゃない甘さに加えて、なんとなーくバターの後味のする柔らかい卵色の飲み物で、その上に生クリームで高さをつけたデコレーションときた!美しいですよ。とっても魅惑的。雪のちらつくマーケットでこれを一杯というのは良いのもです。

カロリーですか?
あんまり考えると飲めなくなっちゃうので忘れる事ですね。
[PR]
by rondine11 | 2012-12-15 03:25 | その他
e0211204_0382528.jpg


来年の一番目の展示はZちゃんと二人での展示になります。
会場がかなり大きいため私の小さな作品がどれくらい見栄えするかとおもうとちょっと心細いのですが、まあそれまでに頑張って私らしい作品をもう少し作ろうと、毎日絵の具と筆で格闘中。

作品作りはもちろん、広報もギャラリーがそろそろ始めるという事でいろいろな資料を集めたり、日々細々したことの連絡の繰り返しとなるのですが、わたし電話はもちろん、メールをを書くのが苦手でして、、、一日中コンピュータの前に座っているような気がする、、、集中して絵を描いている時間が減って行くのがつらいですよ。こんなときに大作家は秘書とかがいてなんでもやってくれるのだろうなあ、ポワーンなんて想像するのですが、そんな無意味な事想像している暇があったら早くメールでも書けって感じですね。
外は寒いので家でお仕事できるとなるとまあ悪くも無いのだろうけれどね。


e0211204_0432141.jpg


里帰り中のZちゃんとメールでフライヤーの相談中
[PR]
by rondine11 | 2012-12-15 00:43 | 活動
長い一日を終えて、午前一時家路につくと、、、
久々にカワイイあいつに遭遇!!
e0211204_22261726.jpg


真っ暗でなんだかわかりませんね、


ではお食事中のところ失礼ですがフラッシュでいきますよ。
e0211204_22262792.jpg


雪のつもる中枯れ枝を一生懸命食べていました。
黒いのは春先よく見かけたウサギさんでしょう。

十分食べて寒さしっかりのりきってね。
e0211204_22264035.jpg


ハンブルクはここ数週間雪が降ったりやんだりです。
[PR]
by rondine11 | 2012-12-11 22:30 | その他
e0211204_22365662.jpg


私の友人がお店を開きました。お店の名前は Putnik International( Putnikは旅をする人という意味です)
セルビア系ドイツ人の彼女曰く、いま北欧デザインがもてはやされ、街の至る所でおしゃれなスエーデン、ノルウェー系デザインの家具、洋服、小物、カフェなどを見る事が出来るのに対して、東欧、バルカン系はほとんど見かけないでしょ、素敵な物は数多くあるのにこれじゃ残念よね、と。

北欧がクールシンプル機能的デザインだったら、東欧は何か心温まるバルカンエキゾチックデザインとでも言いましょうか。
ヨーロッパといっても気質と文化の違いがうみだすそれぞれの良さをアピールしたが沢山有るのだから、ここで1つ東欧の素敵な物も紹介しないとと思ったそうです。
クロアチア、ボスニア、セルビアなど旧ユーゴの国々は陸続きでもなんとなく遠い国。EU加盟までまだ時間がかかり、流通や関税などの事もあって輸入などで面倒があることもそれらの国の品物を見る事の少ない原因のひとつとのこと。
彼女は自らあちこちに出向き、デザイナー、製造元のこだわりの素材から作られた日常に使われる品物を、東欧の国のみならず、イギリスや、ドイツはベルリン、ハンブルクから選りすぐってお店に集めてきました。


数ヶ月間寝る間も惜しんで準備し、12月1日にオープンしたお店は、とても素敵な雰囲気です。
クリスマスのプレゼントにうってつけの物がきっと沢山見つかりますよ!ハンブルクにお住まいの皆様、訪れる機会のある方、是非お店をぞいてみてください。

e0211204_22364789.jpg


www.putnikstore.de
e0211204_22373670.jpg

[PR]
by rondine11 | 2012-12-03 22:44 | 活動