<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

e0211204_5415682.jpg

ボン反原発 月曜定期デモ終点の中央駅前 28日




ドイツでは26日、ベルリン、ハンブルク、ケルン、ミュンヘンなどで反原発巨大デモンストレーションがありました。
ドイツでは元々活発であった反原発運動ですが、福島原発の事があってからは、さらに拍車がかかっています。



今日はぷーさんのお母様といっしょに反原発のデモンストレーションに参加してきました。
ボンでは毎週月曜日に定期的に反原発のデモンストレーションが行われているとの事です。福島以前もある程度の人の参加していたらしいのですが、ここ2週間はやはり規模が大きくなった様子。

電力不足を補う手段はドイツでもやっぱりそれほど具体的ではないみたい。生活はもちろん産業に影響は大きく出るだろうけれど、安全で健康な生活には代える事は出来ないから、、、

被爆の影響ににおびえる生活、福島の故郷を失うだろう人々、大量被爆するとわかっていても原発事故処理に向かう人達を見て、こんな事が再び繰り返される事は有ってはならないと。
原子力発電が無い事によって不便になるとしても、やっぱり原発は廃止して行った方が良いのだと思うのです。
ドイツに於ける頻繁な反原発デモを横目に今回の事が起こる以前は、私はっきりとした否定が出来なかったのですよ、どれだけ日本が原発に頼っているかを考えると、、、エネルギー資源が少ない日本には必要にも思えたし、 二酸化炭素を出さないで作られる電力は環境に優しいようにも思えるし、また安全性を信用しきっていたのもあります。日本の原発安全神話に洗脳されていました100パーセント安全なんて存在なんかしないのに、、、

今からでも遅くないので世界の原発が少しずつでもなんでも良いから廃止されるようよう祈ります。
[PR]
e0211204_5351242.jpg

昨日無事帰ってきました。
乗り換えのミュンヘンにて、、、待ちきれずにビールとソーセージ。
[PR]
e0211204_693629.jpg


ローマ滞在も残り数日、ベルリンからの友人達といっしょに美術館、博物館の見納めをしています。私の独断のお薦めをめぐっているのですが、その中で,トラヤヌス帝のマーケット、この半年で何回訪れた事か、、、10回は最低訪れていますが、今回始めて下の部分(地上階)に降りる事が出来るのを知りました!
見てない所もあったのねー。しかもたいへん感動的でした。遺跡の上に立つのー!この石畳の上を2千年以上前の人達も歩いていたのです。ここにはマーケットがあって、生活があって、、、


周りの幾つかのフォーラムは紀元前からたてられていましたが、Mercati di traiano トラヤヌスの市場は紀元100年から110年にたてられた物だそうです。それから長ーい時間をかけて色々な使われ方をしながら、20世紀に遺跡の復元がされました。

私、想像力あまり豊かではないので遺跡見ても一番始めて来た時は、もの凄く古いんだなあ(止)と具体的な街の様子は、なんだかちっともイメージできなかったのですけれど、入り口ホールの部屋で10分くらいの復元予想の映像が流されています。2、3回目に訪れて時間があったときに試しに見てみたら、これが私の想像力の欠落を助けてくれる凄く頼もしいイントロダクションだったのです。2000年以上の歴史を10分で見る!激的遺跡ファンではないのですが癖になり(とても気に入った)その後何回も足を運ぶ事になりました。
しかし、これが無かったら遺跡を見たときの感動は半減していたことでしょう。お子様用にみえるコンピューターグラッフィックの映像だって見逃せないものだなあ。

19世紀の発掘様子、中世の修道院がたてられていた時代、 西ローマ帝国の滅亡後、土砂に埋もれたり、また徐々に大理石などが他の建築へ転用され、ほぼ廃墟のようにも見える時代、トラヤヌス、アウグストス前後の荘厳にそして華々しく栄えていた古代ローマ時代、と時を追うように見る事が出来ます。
e0211204_6104752.jpg
中世鳥瞰図

e0211204_61449.jpg
古代鳥瞰図

e0211204_6125075.jpg
中世

e0211204_6144334.jpg
古代

しかしこれだけの復元予想できるのは凄いなあと古代の様子に関心しながらもちろん現代の研究技術にも感心してしまう。

この日始めて間近にみた下の遺跡の部分は先日の雨や、好天が影響してか、地面には若い緑がとっても鮮やかでした。

遠い昔の時代もこの草花はここに咲いたのでしょうか、どんどん暖かくなればいい。

e0211204_621578.jpg
e0211204_6204542.jpg

[PR]
e0211204_17574357.jpg



わたしが取っていたフレスコの授業、実際は1年間コースです。1年間掛けて、練習して、展示用の作品を作ってゆくという授業内容だったのですが、私は半年間の在籍のため、最低限の基礎のみを学んだと言った感じです。
後半の夏学期からは大きい物を作成する練習もあるのですが、私は参加できません。ああ、

何度も教授には伝えてあったのですが、彼女すぐ忘れてしまうのですよね、先日私がハンブルクに出発する事を伝えたら、じゃあ展示用の作品は作らないの?今だんだん楽しくなって来た所だったのに、残念ね、って。そうとっても残念なのです。そんなふうにお別れの挨拶をして来ました。
その数日後にペンナッキア教授ですね、私の作品のモンタージュを作ってメールで送ってくださったのです。
フレスコ絵画の練習は、その都度、前回描いた古い層を壊して、その上にまた新しい層を作り描いて行くので一回一回練習作品の記録写真を取っているのですが、それを材料にされたようです。
ほんとう言葉の不自由な私を根気づよく面倒見てくださって、大感謝です、半年でも受講したかいがあったなーとうれしくなりました。これからハンブルクでは材料の面で不自由すると思いますが、なんとか代用品などをさがして試していこうと思います。
e0211204_1802156.jpg
e0211204_17594860.jpg
e0211204_17592250.jpg
e0211204_17582518.jpg

[PR]
終日パソコンにかじりついていで災害情報を見ていましたが、先日からベルリンの友人達がローマに来ていますので、久々に外ています。

一日中街を彼らと歩き回る訳ですが、ウリケはデモンストレーションのポスターが目立つわね、と、あちこちにみられるポスターの内用をいちいちチェックしています。簡単なデザインが多く何に反対しているかが、外国人にも一目瞭然です。

反マフィア、反ベルルスコーニ、反原発運動、などなど、、、


ドイツでは17基ある原発のうち、今回の福島原発の事故から7基を急遽一時停止としています。
イタリアはというと、、、国内の原発は稼働していないのです!チェルノブイリ原発事故のあと停止、足りないエネルギーは外国から輸入しています(フランスなどの原発大国から)。
いろいろなことにたいして ゆっくりなイタリアがさっさとやってのけた、大義だと感心していたのです。

あれ?でも反対運動ってイタリア原発無いわよね?とウリケ
うーん世界の原発に反対てことじゃないかなーと私、
すかさずフロリアンが、イタリアね、いまは原発無いけれど再稼働が予定されているらしいよ、それでだね、って。
ああ、なるほど、、、

たしかにイタリアの産業の発展途上と、停電の多さは知られる所で、電力不足は深刻な問題らしく、原発使用再開の必要性に迫られていたのはわかりますが、今回の日本の様子を観たらやはり反対運動必須です。

昨日、ローマはピアッツア ナボナで原発反対デモンストレーションが有ったようです。やはり活動して原発阻止を訴えるのは大事な事、
事故によって故郷を無くす人々をみては、こんな事がもう二度と起こってなるものか!と思うのです。


日本もこんな時だと言うのに、未だに幾つかの新しい原発建設の話があるようです。今回のことをふまえて原発の意義と安全性などにたいする正しい知識が浸透し、より多くの人がその危険性を認知し、原発反対への理解大きくなればとおもいます。


地球は私たちの世代だけで終わる訳ではないのですから。
e0211204_20542666.jpg

[PR]
朝から晩まで情報を得ようとネットはつなぎっぱなしです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハンブルクに住む友達Asanaさんからのメッセージ。


海外におられる方へ。
下のリンクでNHKが良い状態で見ることができます。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/2011sanrikuoki_eq_live.html



とてもシンプルでよそに比較すると見やすいと思います。
[PR]
原発の事です。
放射線って目で見えるものでないし、風向きによっていろいろな方向にも飛んで行くし、、、
放射線の被害、その対策こちらから見る事ができます
放射線医学総合研究所から
http://www.nirs.go.jp/information/info.php?116

同じく放射線医学総合研究所
http://www.nirs.go.jp/index.shtml
[PR]
フィレンツェ往きの電車のなかでドイツとイタリアの友人達からショートメッセージや電話にて日本での大地震について知らされました。

被害の様子がイメージできなかったのと、街についてみると日本人の観光客グループは普通に名所巡りをしているので、実感がまったく沸きませんでしたが、友人宅に到着、テレビ報道をみて呆然、速攻、実家に連絡するも電話は通じず、こんなときに周りの友人達が、不安だろうけどあなたのそばにいるからね、と言うメッセージを次々と送って来てくれた事にとても感謝しました。

直後に叔母から家族の無事を聞かされて、これほどほっとした事はいままでありませんが、やはり被災者の方々の事を考えると、、、



私が高校生だったときに阪神淡路大震災があって、ちょうど受験シーズンだったのですが、深夜に地震の報道をテレビで見ながら、何故わたしはここで勉強机に向かっているのだろうと、無力だなあと、胸が締め付けられる思いがしたのを覚えています。10年以上たちますが、今回も全く同じで、信じがたい光景に涙は流れても、出来る事って思いつかなくて、、、


cocomerita junkoさんのブログにとてもわかりやすく災害情報源や個人で出来る災害対策を見つけました。
http://cocomerita.exblog.jp/15052139/
これ以上事態が悪化しない事を祈りますが、今後のために備えや知識があれば、恐怖も少しは減るかとおもいますので是非ご覧ください。


少しでも多くの人が救出されますように、被害がこれ以上広がりませんように。

e0211204_4164530.jpg

[PR]
e0211204_2242253.jpg

さあ試験も終盤、人の頭部を模したスカイランタン使ったアクションを企画していていたのです。



屋外での作業になるのですが、 先週は一週間まるまる雨にふられてしまって、 2回延期をして、今週は三度目の正直、 ぬけるような晴天に恵まれたのですが、、、風があるのですよね。
結果
成功しなかったし、、、
試しに一つ飛ばしたのですが、風がおもっていたより強く危険なため、(安全の為ワイヤーを一応付けてはあったのですが、それでもやっぱり不安だったので)あとの8個のスカイランタンは実行せず持ち帰りにしました。

もう一回夏にでもやろうか、オスティアアンティカ(ローマ近郊の海の有る街)にでも行くってさあ!って話になって、、、わたし再来週にはハンブルクに帰ってしまうのですが、、、またくればいいじゃない!うう、、、そう簡単に言われても、、、

まあ皆で寒い寒いと言いながらも教授、友人達とワインを川縁で飲み、それなりに楽しんできました。



e0211204_22465415.jpg

e0211204_2247424.jpg



why do you think, how do you forget.
考えると言う行為の大切さ、そして忘れること事、あるいは忘れてしまわない事の大切さとは

人類が進歩するに必要なものを優先するため変って行く街や自然環境、忘れらていた事によって保存されていた物、ここで何千年の歴史のつながりを目の当たりにして何が大切かを考える。
またすべてが便利になり、考える、疑問を持つと言う行為を忘れてしまいがちな日々をふりかえる。 
e0211204_22481110.jpg

                     イメージ

e0211204_22435317.jpg
e0211204_2244429.jpg







いつかまた機会をみて、、、忘れてなかったら再度トライしますかね〜

Foto : Anastasia Leonova . Marie Luise Vogt.




e0211204_22433251.jpg





さあ試験もすべて終わったし!!明日からフィレンツェの友人を暫くたずねてきます。
町中のルネッサンス時代の教会広場前や美術館で興奮しながらバタバタしているアジア人がいたらきっと私です。参考に
[PR]
e0211204_1032572.jpg


友人来ローマその2。
今週はマリーが来ています。
一週間ぶりの快晴を満喫すべく、日曜日はピアッツア デル ポポロへ。
すっかり忘れていましたがカーニバルです。
日中は子供向け催し物が行われていて、思い思いの仮装をした子供達はグラディエーターを相手に大奮闘!ちっちゃな拳を振り回し大きなローマの剣闘士をやっつけている所など、もうかわいいったら無いです。なかなか面白くて大分長居してしまったー。
e0211204_10322616.jpg


e0211204_10334982.jpg



そしてお夕飯、彼女が作ってくれたのパスタボロネーゼソース!わたし大好きなのですが、かなり手間がかかるのと、少人数分は作りづらいため滅多に作る機会がないのですよ、だからうれしい!人に作ってもらうのってほんとに素敵です。うふふ。
彼女、マーレン同様に素材自体が美味しいのに随分驚いていました。私も来たばかりの頃は感動した物です。ふたりの気持ちわかるわあ。

e0211204_10363244.jpg

e0211204_10371588.jpg

[PR]