カテゴリ:活動( 41 )


e0211204_127777.png



TEE NACH CHINA TRAGEN

HIROKO KAMEDA, MARTIN MEISER, ILIA KOBESHAVIDZE UND ZINU KIM

Feinkunst Krüger
Kohlhöfen 8
20355 Hamburg
Germany

Öffnungszeiten:
Do. + Fr. 12.00 – 19.00 Uhr
Sa.12.00 - 18.00 Uhr
und nach Vereinbarung



是非お立ち寄りください!
[PR]
e0211204_18595077.jpg


先日は額がー額がって騒いでいましたが、それにしても週末には無事に展示オープニングにこぎ着けたのです。

しかし

まだまだガクガク言っております。
週末に始まるグループ展示のために必要な額がまだあるのです、、、

前回の出品予定であった透明水彩(ボツになりったあれです)には既製品に手を加えたものを使いましたが、今回は約160x140cm前後の大きさの3点の油彩作品に必要な額でSchatten fugeという型です。
まず材木屋さんから木を仕入れてそこからスタート。
作業は木をボンドで貼付けて、のこぎりで切って、色をつけて、ニスをかけて、額にネジを通す穴をあけ、キャンバスをネジでとめる。いとも簡単なように書いてみましたが、やっぱり慣れないので全然簡単でない。16本の長さ約4メートルの木木材を目の前にして本当これから額出来るのか、ともの凄く心配なのですが、丸鋸係プーさんを動員していっちょ奮発です。色をぬってー とあとちょっと!
e0211204_190873.jpg

[PR]

今回の展示の相方ユリアンが担当する広告ボードがオープニン直前なのにまだ完成していないというちょっとヒヤヒヤがあるのですが、まあ彼の事だからちゃちゃっとやっつけて無事に始まるに違いないです、、、
うーでもやっぱり心配。


私はといえばあんなに頑張って作った額が、というか額にいれた透明水彩画が不採用。12月にオーナーさんが作品を選びにきたときはこれとこれ、これねーっと選んでいったのに、壁にかける段階になって、額に入っている作品は版画が結構あるから、水彩はよしておきましょう。ねえ油絵の方がいいわね、まだあるでしょ、古くてもいいから油絵もうちょっと持ってきて!って、、、 
そんなこともあります。
それにしても
ガクッー  (あ!シャレじゃないですよ、念のため)


という事で訳で展示のお知らせ。
e0211204_20231670.png

Dark lane rain drain
Hiroko Kameda und Julian Gorten

Eröffnung Fr. 23.1. Ab 20 Uhr.
Öffnungszeiten: 29.1. bis 14.2.; Do, Fr, 16 bis 19:00 und
Sa 13 bis 16:00.

Projekthaus
Bahrenfelderstrasse 322
22765 Hamburg


誰もがミスマッチとする私とユリアンの作品をなかなかエレガントなハーモニーにかえたオーナーさんに感謝。 
時間のある方、近くにいらっしゃる機会のある方是非お越し下さいませ!
[PR]
今年も始まってなんだか頑張るぞーと希望に満ちあふれていたのに、すでに焦りの冷や汗が額をしたたり、なんだかお正月前後のすがすがしい希望パワーはがたがたです。なぜかというと、、、

週末から始まる展示の準備がうまく進まない!
今回は透明水彩で作った作品がいくつか有るため、額作りをしなければならなかったのですが、思ったよリ難航し 時間が!時間が〜!!

e0211204_19344197.jpg



額を作ると言うと、いかにもプロみたいですが、木を切る所からではなく横着して、木枠はレディーメイドをつかっています。私の作業はもとからかかっているニスをヤスリで削り落とし、再び色付け、ニスを塗るという簡単な作業。しかしヤスリ掛けも、色付けも思っていたようには行かず、悪戦苦闘しております。もうちょっと早くから準備しておけば良かったのですけれどねえ。

額 = 作品じゃないし、おまけみたいな感じ = あまり大切じゃない、すぐ出来るからそれでいいよね、時間無かったら買ったやつでもいいし。

という考えが甘かった。本当は額ってとっても大切。
作品を実際よりも良く見せるか、悪く見せるかをずいぶん左右しますよ。



学ぶ事は尽きません。
とりあえず年の始めは漠然と希望を持つより具体的な目標たてた方が良いみたい。

準備は早めに

とかねー
[PR]
e0211204_17593955.jpg

e0211204_17595286.jpg

諸処の理由により今週の日曜日オークションに参加します。

土曜日のプレビュー展示には音楽と飲み物、軽食が用意されいるようです。
作品は絵画作品を中心に数点の彫刻が出品されています。興味の有る方是非お越し下さい。
土曜日12時ー23時
日曜日11時ー18時(オークション16時ー18時)
Beerenweg1b,Im Hof, Hintereingang.


もし3ユーロとかで落札されちゃったらどうしよう、、、凄く心配です。
[PR]
e0211204_795782.jpg


極地的ではありますが、世界平和を願ってわたしブラジル密かに応援していたのですよ(それにブラジル選手のプレイって蝶々のように華麗で素敵じゃないですか)。

しかし無惨、、、
ホテルで観戦、ハーフタイムでわたし折れましたね、見てられなくて帰ってきちゃいました。もちろんレセプションシェフ、ベルボーイ、 プーさん等ドイツ人客は大喜びで残ってみて行ったようですけれどね。


ああ、其れは兎も角ですね、、、ホテルハンブルク先週半ばに無事にスタートしました
徹夜はしないですんだものの、先々週末からは驚異の14時間労働の日々。
もうニュースもメールもを見る時間さえなくなく、なんだか世界から隔離されたようでした。久々にインターネットでニュースをみたら色々な事が起っていたなあって、、、

完成したホテル、
先週のオープ二ングから週末にかけて好奇心旺盛な数組の家族、宿泊客がチェックインして行ったようです。普段住み慣れたハンブルクに知らない街角が有るのを発見をしてもらえればいいなと思います。


これから7月21日までホテルレセプション、ロビー、バーラウンンジは9時から深夜24時までオープン、そしてほぼ毎晩20時からはバンドの生演奏が行われます。
また明日9日にはホテルの地下にて噴水作品の展示のオープニングが20時より開催されます。私達を含め約10人の作家が出品する予定になっていますので機会がありましたら是非お立ち寄りください!


e0211204_7101275.jpg

[PR]

結婚式という機会に任せてワイン飲み過ぎとか友達とあってアペリティーボとか凄くのんびりしていましたはが。帰ってきましたよハンブルク(本当はもっと長居したかったのですけどね)。早速朝から晩までフル回転です。何故かというとーーーーホテルハンブルク
e0211204_1914172.jpg


昨年のホテルケルンから一年、今年はホームタウンにて街で一番大きなホテル、ホテルハンブルクが来月4日より始まります!!


e0211204_19134677.jpg


私はというと昨年同様ホテルロビー、ラウンジ、バーの舞台芸術を依頼されているプーさんのアシスタント、使いっ走りとして先々週より現場であるホテル予定地とアトリエを行ったり来たりです。
昨年の経験を生かして、既に準備が早いうちから始められているので、ことしはあまりストレス無しでオープニングを迎えられるでしょうか、、、まあ油断はいつも禁物。きりっと行きますよー!


既に5月からハンブルクの様々な場所で宣伝の催し物が行われていて、いままでに、ホテル美容室、カジノ、ウェルネスフロアー、ブックストアー等々を称した場所が会場として使われてきました。ホテルのグランドオープニングまでまだまだコンサート、パーティー等が予定されています。
興味の有る方、概要とプログラムはここから!
Hotel Hamburg

ところで
先週のイタリア休暇ただ遊んできただけだけじゃああもったいない!フィレンツェの多くの教会パラッオの壁にははたくさんのだまし絵や大理石のイミテーションがあるのですーーーしっかり観察、即再現です!!
ホテルロビーのエントランスは白大理石!
e0211204_1914108.jpg


e0211204_19141948.jpg


e0211204_19142991.jpg

[PR]

e0211204_20474481.png

e0211204_2047514.png


本日5月10日20時よりハンブルクでグループ展示のオープニングがあります!
お近くにいらしゃるかた是非お越し下さい!!

Ausstellungsdauer: 11.05. - 31.05.2014
Öffnungszeiten:
Donnerstag und Freitag
12:00-19:00
Samstag
12:00-18:00

Feinkunst Krüger
Kohlhöfen 8
20355 Hamburg
Germany
[PR]
プー兄に車で飛行場におくってもらって、飛行機にのって乗り継ぎを2回して、電車にのってバスをおり、 30時間。無事に旅を終えて帰って参りました。

e0211204_5475798.jpg

ハンブルク、やっぱり家が一番!

しかし明日から展示の準備でベルリンです。
長い事家をあけていたので新しい作品があるようなないような、まずいですねえ、、、

まあこんなときも有ります。
[PR]
月曜日からエッセンにきております。

e0211204_3195332.jpg


展示の準備すませて待望の町歩きを週末にしてみました。

楽しみにしていたのがフォルクバング美術館(Museum Folkwang) 。
質の高い19、20世紀のコレクションとチッパーフィールドの建築は見てよかったーと言わせる美術館でした。

これでエッセンはアートとなると、お隣ラインラントのケルンはバーゼル、マイアミと並ぶメッセで名高いことと、伝統的に格式の有るギャラリーの多いデュッセルドルフがあるとなってかすんでしまうなあと思っていたのですが、実はよく調べてみれば興味深い所が数多くあるのですねー。

フォルクバング美術館しかり、日本人建築家ユニット、SANAA(サナア)によるフォルクバング大学、
e0211204_3102798.jpg


シューレンバッハハルデの丘にたつセラのブラメ、
e0211204_3101690.jpg


もちろん世界遺産に認定されているツォルフェアアイン炭坑!
e0211204_3101223.jpg

世界に名だたるルール工業地帯の中心となったこの地の建物は80年代後半に廃坑となったあと、くつかの美術館、カバコフ夫妻の作品のあるザルツラーガー展示ギャラリー、リュックリンの石像の点在する彫刻公園、冬期のスケートリンク、またルールトリエンナーレの会場などとして利用されまさに文化的見所が満載!とても一度には見て回る事は出来ませんでした。

実はフォルクバング美術館と同じくらい楽しみにしていたカバコフの作品は展示会場が1週間閉鎖という事で見る事が出来ず、、、。
まあ次回来たときのお楽しみと、
次がまた有ると良いなあ。



おお、また観光ばっかりみたいですが、明日23日からクンストハウスエッセンの(Kunsthaus Essen)グループ展示に参加しております。お近くにいらっしゃる機会があったら是非お立ち寄りください!


Beyond Mainstream
Anna Lena Grau, Hiroko Kameda, Martin Meiser, Qumi, Anna Steinert
23.3. - 27.4.2014 | Eröffnung: Sonntag, 23.3.2014, 16 Uhr

Kunsthaus Essen
Rübezahlstr. 33
45134 Essen
[PR]