強制送還反対

縁があってハンブルクのあるグループが行う強制送還反対デモの案内に小さなイラストを描かせていただきました。
e0211204_5231468.jpg



シリア情勢によって難民のその存在が強調されていますが、色々な国から、様々な理由によって祖国を逃れる人達が沢山います。
彼らはこの数年のうちに突然国を出てきた訳でなく、何年もの時間をかけて危険な道を旅してくる人達も少なく有りません。その途中で命を落とすとしてもその危険な旅に希望をたくし、運をかけずにいられないほどってどんな決心か。
もちろん安全な国にたどり着いたとしても、 難民認定がされなければ、その国に受け入れられません。
運が悪ければ 送り返されてしまう事もあるのです。せっかく生きてたどり着いたのに、、、

そんな人達を受け入れるヨーロッパ諸国は今何が出来るかという難しい問題にぶち当たっている訳ですがドイツは難民認定の指定国を減らすって、、、 これって問題解決してない!
まずは 文化の理解、治安、住宅、雇用等への良い案がでるまでは色々試行錯誤が必須でしょうが、より多くのひとが安全に生きられる平和な世の中が出来るよう望むばかりです。




普段は気づきませんが平和ってすごい貴重なものなのだよなー。
[PR]
by rondine11 | 2016-03-29 05:31 | 活動