友人達にあうことの次に楽しみにしていたのは、、、

今回の滞在、私達が友人達にあうことの次に楽しみにしていたのは、、、
アレッツォではフランチェスコ教会ではピエロ デッラ フランチェスカの聖十字架の物語。フィレンツェではブランカッチ礼拝堂と、サンタ クローチェのフレスコ絵画を見ること!!

e0211204_22362024.jpg


2年前イタリアで学生をしていた時の話ですが、美術館には学割として無料で入場できるのに、教会では入場料をとられるのが気に入らず、そんなことでケチをしてこれらの教会の中を見てこなかったのです、、、
後になって大後悔、、、で、ですね、今度こそ機会を逃してなる物かとしっかり見て参りました。

実際入場料払うだけの価値があるのですよね、またこの先の未来に作品が良い状態で保存されるためだったら、安い物です。


なかでもブランカッチ礼拝堂ですが、マッザッチョとマッソリーノの共作、後年にフィリッピーノ
リッピによっての修復、また未完成部分の作成がされた聖ペトロ物語の感動の作品に会うことが出来ます。 
後期ゴシックからルネッサンスへの流れを一つの礼拝堂から見ることの出来るすばらしいものでした。
なんとミケランジェロもダ ヴィンチも研究に来たそうですよ。彼らと同じ物をみているとおもうと あんまりこうふんして鼻血がでるかと思いましたねー。
e0211204_22382514.jpg



今回の予習にchihoさんの ' フィレンツェ見所案内 'を参考にさせていただいたのですが、読んでおいて本当に良かったです、教会の見所を普段の倍楽しむことができました。

友人が私たちの為に用意しておいてくれた自転車にのってアルノ川沿いをサイクリング、聖ニコロ塔につけられた巨大な鼻に驚き、ミケランジェロ広場から街の絶景を眺め、もちろんあちこちで美味しい物をたくさんたべてと、ポジティブなエネルギーとアイディアをたくさん吸収することのできた休暇でした。
ほんとはもうちょっといたいのですけれどねーそんなことしているとハンブルクに帰ってから現実に直面して大変なことになるので、、、      まあ、またの機会に。


参考に
教会内での撮影はそれぞれ完全に禁止されていたり、フラッシュなしの撮影が可能であったりとまちまちでした。表示に注意したり、係員の人に聞いてから撮影するのが無難みたいです。
ブランカッチ礼拝堂ではフラッシュなしの撮影が可能でしたが、、、フラッシュなしですと暗い教会内のこと、ピンぼけ写真が多くなるので三脚が必要ですねー。
e0211204_22384164.jpg

カルミネ教会の最後の晩餐 テーブルの下で猫がこっちを見ています
[PR]
by rondine11 | 2012-07-07 22:53 | その他 | Comments(0)