シュパーゲルの季節です

e0211204_1304042.jpg


ドイツのお野菜、果物、どれをとっても日本のものと比較すると、、、
 本当にイマイチ
味が薄いというか、もしくはないというか、、、だからわたしこっちで野菜を食べたいと思うことが少ないのですよ。ですが、、、この時期でまわるシュパーゲル日本で言う白アスパラガスはわたしが認める数少ないイケルドイツ野菜のうちの一つです。
だからシーズン中我が家の食卓では最低週2回、多くて4回お目にかかる野菜です。

このシュパーゲルのシーズンはだいたい4月下旬から6月半ば、4月に出回るのはたいてい輸入物、5月中旬になるとドイツ産の太くてしっかりしたものがちらほらではじめます。白くて美しいのですよ、放っておけませんねえ。

本日はプーさんのお姉様に業務用市場で良いものを5キロほど仕入れてきてもらい、6人で遅めのシュパーゲルランチ。
皮むきするのはZちゃんと私(繊細な作業の出来るアジア二人組)。プーさんとお姉様たちはジャガイモ担当(お塩でゆでるだけ、ジャガイモのことはドイツ人に任せておきましょう)。

この白アスパラガスですね一般に日本で食べられている緑のアスパラガスと違ってポイントは皮むき!ちょっと見物ですよ、何しろ廃棄料がすごい。
この作業をしっかりしないとかたい繊維の部分が残っていて、スジスジだったり苦みが強くなったり食べられたものじゃないのですよ。(9年前、初めてのシュパーゲルでひどい目にあった)だからゴミ箱行きになる部分のことは気にせずがっつり皮むきが重要。

e0211204_1305141.jpg

この皮の山!!




はっきり言って皮剥きさえしっかりすればもう気にするポイントはありません。
日本人の感覚でいったら信じられないくらいクタクタに煮てから付け合わせと一緒にお皿に盛りつけして、ソースをかけて飲み物は白ワインとともにいただきます。

e0211204_131479.jpg

e0211204_130591.jpg


今日の付け合わせはクラッシックにハムとジャガイモ、ベジタリアン用にヤギのチーズの薄切り。ソースは卵とバターたっぷりのオランダ風ソースとレモン汁。飲み物はさっぱりとシードル!


5キロのシュパーゲルは楽しい時間とともにすっかり私たちのおなかのなかに消えていきました。


参考に、
一般敵な付け合わせは ハムのほかにも、生ハム、サーモンのソテー、スモークサーモン、豚、牛のヒレ肉など、色々あります。あくまでもシュパーゲルがメインですよ!!
また、ゆで汁ですが、とっておいて次の日にスープを作るとこれがまた美味しいです。
[PR]
by rondine11 | 2012-06-10 01:36 | その他