Kölnへ

ボン滞在中に隣町のケルンへと足を伸ばしてみました。急行に乗ってボンの町を離れると進行方向右側にベッスリングのオイル精製所が見えて、ちょっと田園があって、、、と思ったらもうケルンの市街地。前方にはケルン大聖堂の2つの塔が見えてきて、あっという間の20分です。
e0211204_21442072.jpg


今回のお目当てはヴァラフ美術館。以前訪れたときは全ての展示をざっと見て回ったのですが、今回は中世の展示に的を絞って見学しました。イタリアとドイツの宗教絵画がお目当て。報告はいづれ、、、


で、ですね
ケルンと言えば大聖堂。中央駅の目の前に建っているためケルンを訪れる場合は必ず足を運ぶ場所です。
歴史のあるドイツ最大のカトリック教区、、また大聖堂はユネスコ世界遺産ということもあり、1年をとおして多くの多くの信者のかた、観光客でにぎわっています。
世界最大と言われるのゴシック教会は二つの先頭が美しく、中に入れば特有の高が強調された様式が圧倒的。また側面の巨大ステンドグラス郡をみるにつけ、まるで小人にでもなった気分です。
e0211204_21472262.jpg


あーここにはドイツ現代美術界の大物、あのゲハルト リヒターのステンドグラスがあります、、、美術と宗教の、歴史とつながりを考えさせられる産物と言うべきでしょうか、賛否両論の作品です。
結構違和感なく収まっているのですよね。
e0211204_21461987.jpg


ここで恒例のクリッペ、聖母マリア様は真っ白な衣装を身に着け、
三人の大王様たちが山のうえから誕生の様子を見守っています!彼らに天使風の羽が生えているところがなんとなく面白いですねー。
これらの人形ですが、いろいろな世代がミックスされていて、ドイツではおなじみのオレンジ色の服をきた清掃員、
濃紺の制服に蛍光しょくのたすきをつけた警官や消防員のすがたもさりげなく混じっていました。こういうの親しみやすい感じで意外に好きなのです。
e0211204_2145379.jpg

e0211204_21451197.jpg

e0211204_2147293.jpg






e0211204_21445355.jpg


さあ今年も残り日数わずかとなってきました。ちょっとお家のおかたづけしないと!
[PR]
by rondine11 | 2011-12-29 21:56 | その他