少しでも多くの人が救出されますように、被害がこれ以上広がりませんように。

フィレンツェ往きの電車のなかでドイツとイタリアの友人達からショートメッセージや電話にて日本での大地震について知らされました。

被害の様子がイメージできなかったのと、街についてみると日本人の観光客グループは普通に名所巡りをしているので、実感がまったく沸きませんでしたが、友人宅に到着、テレビ報道をみて呆然、速攻、実家に連絡するも電話は通じず、こんなときに周りの友人達が、不安だろうけどあなたのそばにいるからね、と言うメッセージを次々と送って来てくれた事にとても感謝しました。

直後に叔母から家族の無事を聞かされて、これほどほっとした事はいままでありませんが、やはり被災者の方々の事を考えると、、、



私が高校生だったときに阪神淡路大震災があって、ちょうど受験シーズンだったのですが、深夜に地震の報道をテレビで見ながら、何故わたしはここで勉強机に向かっているのだろうと、無力だなあと、胸が締め付けられる思いがしたのを覚えています。10年以上たちますが、今回も全く同じで、信じがたい光景に涙は流れても、出来る事って思いつかなくて、、、


cocomerita junkoさんのブログにとてもわかりやすく災害情報源や個人で出来る災害対策を見つけました。
http://cocomerita.exblog.jp/15052139/
これ以上事態が悪化しない事を祈りますが、今後のために備えや知識があれば、恐怖も少しは減るかとおもいますので是非ご覧ください。


少しでも多くの人が救出されますように、被害がこれ以上広がりませんように。

e0211204_4164530.jpg

[PR]
by rondine11 | 2011-03-15 04:18 | その他