所変われば

去年9月にローマ入りしてはじめに驚いたのは駅でポップ音楽がかかっていた事。空港からオスティエンセの駅に到着し、そのまま地下道で続いているピラミデ駅まで歩きメトロに乗り換えたのですけれど、プラットホームではシャキーラの歌声が?

「ワカワカイェイイェー サミナミナなんだかんだ this time for aflica!」

って。メトロのプラットホームでこれって特に心も和まないし、かなり違和感があるのですが、メトロどこに行っても ポップミュージックがかかっています。乗客に対するサービス?エンターテナーなのかしら?最近気がつきましたが、朝は少しニュースが間に入ります(イタリア語なのではっきりとは解りませんが)。これは実用的で良いのかも。

これで思い出したのがハンブルクの中央駅。なんと特定の入り口にてクラッシック音楽がかかっています。

5年前ベルリンから引っ越して来た際は、ビバルディーかー春だー、ああハンブルク、ドイツの誇る高級文化都市、凄いぞ。やっぱりベルリンとはー違うなあ。と感心したものです。

あとあと友人と話をしてみたら実際はかなり趣味の悪いトリックで、、、
そのクラシック音楽ですね、

アルコール中毒者、
ホームレス、
パンカーよけだったのです!


どうやら同じ曲を繰り返しながすことと、特定の周波が耳障りになために彼らがたむろするのを防ぐ効果があるということです。
クラッシック音楽と言うさり気なさがまたいやらしい。

どうなっているんだハンブルクの人権!?


しかしまあ、大分みなさん慣れた物で堂々と、雨風しのげる場所陣取ってます。
人間って強いなあ。

音楽もいろいろな使い方ありますよね。所変わればです。



ひとにやさしく、、、ハート形のマジパン(凄い色)
e0211204_4231228.jpg

[PR]
by rondine11 | 2011-01-20 04:30 | その他 | Comments(0)