美味しいものにはわけがあります。お買い得品にも、、、


今朝キアラから連絡があって、マルコにに出来上がったオリーブオイルを持たせたから宜しくねって。
昨年の11月にオリーブの収穫をキアラの友人の所でやって来たのです。すっかり忘れていたー。
届きました!あーかわいらしくリボンなんか結んである!!

e0211204_6321938.jpg

オリーブオイルですが、調理しないで使うのが良いそうです。サラダにパンにそのままかけて、軽くお塩をふってと、また出来上がったスープにたらーっと。質のよいオリーブオイルはオイル自体の風味を味わうのが大切です。

これで私がオリーブの収穫を体験したのは一日きりなのでとっても楽しかったのですよね。しかしよく考えると収穫作業は凄く大変。ふだんジムで鍛えているキアラも普段使わない筋肉を使ったから筋肉痛になったと夜には嘆いていました。
これを仕事にしているひとたちどうなんだろうと思うのです。収穫の時期には毎日朝から晩まで作業するのですよね。スーパーとかでは1リットルのオリーブオイルが3ユーロくらいから売られていて、なんだか随分安いものだな、というか、あの労働に対してこんな値段で良いのかな?まあ安い物はそれなりの味しかしないのですが、、、


最近気になる所で食べ物と値段についてなのですが、いまドイツはダイオキシンスキャンダルで揺れています!
ダイオキシン入りの卵、豚肉、結構長い間市場に出回っていたらしいです。商品の回収と検査 業務停止でドイツの畜産業界は大分混乱。
オランダから輸入された家畜飼料にダイオキシンが含まれていたのですよ。それを知らない畜産業者は家畜にその餌を与え続けたわけです。
飼料を作るときに使用される油脂がダイオキシン混入の原因なのですが、その油、工業用油脂といって。名前からして生き物に与えたらいけないのでは?とおもうのですが、製造元では飼料作成に適していると言うふれこみで購入、使用していたようです。

ドイツ、イタリアもですが食料品の値段って必ずしも高いわけじゃないのですよ、ものによっては不思議なくらい安いときがあって、本当にこれでもとがとれるのかしら?って、そんなときはもしかしたら製造過程、流通過程のどこかで何かしらのトリックがあったりして、、、例えば今回のダイオキシン入り飼料とかもそう!

コントロールが行き届いていないからこんな物が流通するのですが、数々の食品が低価格である事の裏では、こんな事が起こってもおかしくないと、一部の消費者は納得しているという調査結果があるようです。
消費者が意識する事によってこう言った事故は少なくなるといいますけれど、少し値段が高くても出所のしっかりした物をと思うか、多少不安はあっても激安で済ませるか、経済状況にもよるなあ。それにしてもお買い得ってやっぱり魅力的、、、よく吟味しないといけないなあと思います。

ところで今日の晩ご飯ですが、豚肉とパルメザンチーズのトルッテリーニとパン。
パンに例のオリーブオイルをたらしてみました。お味ですが、、、大変フルーティー!なんというか緑の味がします。(表現力不足) 
わたしイタリアのパンあまり好きではないのですよ、味がしないから、、、しかし今日は二切れ軽ーくたべてしまいました。オリーブオイルの味が良いのですね。
ああやっぱり苦労して作られた物は美味しいなあ。
e0211204_6334783.jpg

e0211204_6331795.jpg

[PR]
by rondine11 | 2011-01-14 06:48 | その他