年末にする事 ー打ち上げ花火ー

e0211204_212516.jpg

ローマに戻って参りました。ボン/ケルン空港からミュンヘン乗り換えでローマに到着。
ルフトハンザ航空を利用したため、搭乗口の近くには各都市のドイツの新聞が無料で配布されているのですが、ミュンヒナーメルクアの記事に年末の風物詩についての物がありました。
花火についてです!


こちらは新年を祝うのに0時に合わせて花火をあげるのです。
ベルリンだったらブランデンブルグ門、ハンブルクならアルスター湖で街の大変盛大な花火が打ち上げられ、それに加えて一般市民が路上でまたまた盛大に、、、爆音と光が炸裂、お祭り騒ぎと言うより戦争です。翌朝の路上のようすはまさにゴミ溜めじょうたい。
華やかに活気づき、混沌を生み、と、そんなふうに新年がはじまります。

スーパーの広告より 巨大ロケット花火
e0211204_24835.jpg



実は普段花火ってこちらでは禁止されているのですよ、しかし新年への花火は特別措置と言いましょうか、毎年29日から花火販売解禁、街のあちこちで特設花火販売スタンドがみられます。またスーパーでも特別コーナーが設置されます。

景気が悪いなか去年の花火の売り上げは異常な物があり、今年はそれを助長する新しい法律が可決されたそうで、それまで火薬が一つの花火について200グラムまで認可されていたそうですが今年は500グラムまでOK、色は華やかになるし、燃焼時間も長くなると 、、、EU他国許可量と同じにしたとの事ですが、毎年の花火事故のことを考えると一般市民としては心配ー。
(こっちの人は巨大ロケット花火を手にもってやったりするのです。考えられない!そりゃ事故も起こりますし、馬鹿者どもの指も吹き飛びます)

私なんかは線香花火で十分と思うのですが、、、


まあそれより
新聞記事にかかれた今年の目玉となるであろう新商品についてです。
バッテリー花火です。
イギリスですとケーキボックスタイプとして既に販売されている、取り扱いが簡単で安全(?)な巨大打ち上げ花火です。

参考に某スーパーの広告、バッテリー花火なんだか爆弾みたい
e0211204_215897.jpg

火薬の詰つまったの筒が20本から多くは100本以上箱形に詰め込まれていて、その一本一本が一回の点火によって順番に打ち上げられるしくみ。一度点火したら時間をかけて次ぎから次へと空中に上がる花火を楽しめるのがポイント。

たいてい花火を打ち上げる0時にはみんな浮かれているのはもちろんアルコールがまわっていて本当に危険なのですよね。そこに従来のほぼ倍以上の火薬、、、今年ドイツにいなくて良かったーーかなあ?


それにしても期待のバッテリー式巨大花火の売り上げ、気になる所です。



ローマでも花火が沢山打ち上げられると 同居人カテリーナが言っていました。どうなるかしら?
花火ファンではありませんが、ちょっと近所のスーパーに偵察にいってきます。
[PR]
by rondine11 | 2010-12-31 02:15 | その他 | Comments(0)