危険なクリスマスーお菓子の話

どこの家でもそうなのだろうと思うのですけれど、 普段離ればなれの家族が一斉に集まる機会となると食べ物が一杯用意してあって、毎回の食事に加え、お菓子類の用意ももちろん怠りなく、当然食べ通しの休暇が続きます。とっても幸せ(とっても危険)。
e0211204_8145331.jpg

クリスマスのお菓子と言えばシュトレン!これはバター と砂糖 ドライフルーツいっぱいの発酵生地のお菓子で、表面がターップリの粉砂糖にまぶしてあります。 別名クリストスシュトレンとも呼ばれるそうで、見た目の様子が生まれたばかりの(布にくるまれた)キリストの姿を思わせると言う事です。想像できる様な出来ない様な、、、できない、、、本当なのでしょうか?
私の場合、多くのお年寄りに人気があるスタイルで、シュトレンのスライスにバターをたっぷりと塗っていただきます。こんなの毎日食べてたら絶対病気になりそうだけどクリスマス限定なので気にしないでばんばん行きます。

バタ付きシュトレン
e0211204_8155219.jpg




イタリアからのパネットーネ!
イタリアの歴史、美術関係 を中心にウェッブログ で綴っていらっしゃるCucciolaさまから教えていただいたイタリア土産の一つです。
結構大きくて空港で手荷物一つ分に数えられたらどうしようかとびくびくしていた代物。長旅に良く耐えて形もそのままに、皆に喜んでもらえました。

トレ マリーのパネットーネ
e0211204_818211.jpg


卵と小麦粉、バターと砂糖の発酵生地、ばさばさーっと粉砂糖をパネットーネの入った大きな袋に投入して振り回し、粉砂糖をまぶす。完成。何ともダイナミックです。
発酵生地でありますがドイツのシュトレンとは対照的にふわふわーっと空気みたい!材料もさながら味もシンプル、まさにイタリア特有、素材を生かしたお菓子です。



うちの父に日本の物の方が美味しいと言わしめたドイツのバオムクーヘン。一年中見かけますが、これもこのシーズンのお菓子。
私、スーパーのバオムクーヘンでも美味しいとおもうのですが、、、

そしてプーさんのお父様手作りケーキ、お菓子作りは彼の趣味です。
朝(昼)台所に向かうとかなりの頻度でプーンと甘い香りが、、、彼、朝からケーキ焼いてます。
二番目のお姉様がほどほどのヴィガン思考なので卵、バター、蜂蜜など動物性の素材を使用しないケーキのレシピも一杯持っています。
これがその一つ。ヘーゼルナッツとココアのケーキ、油は菜種油を、卵の代わりになんと大豆の粉(きな粉ですね)を使います。 そこにターップリのヘーゼルナッツ!なにより砂糖控えめ。
これはプー実家を訪れた時に楽しめるの名菓として兄弟姉妹に人気の一品。



プーさんのお父様手作りケーキ とバオムクーヘン
e0211204_8233118.jpg




クリスマスは日本のお正月のように素敵で危ない物です。
[PR]
by rondine11 | 2010-12-26 08:42 | その他 | Comments(12)
Commented by cucciola at 2010-12-26 17:42 x
rondineさま、

こんにちは!そしてブオン・ナターレ!

同じヨーロッパでもドイツのクリスマスはイタリアと違っておとぎ話みたいな雰囲気が漂っていて本当に素敵ですね!
シュトーレン、よく日本の母が作っていました。長持ちするのでクリスマスのあとも楽しめて。これにバターを塗るんですね!びっくりです。
イタリアも満腹地獄の日々ですよ。今日のサント・ステファノの祭日で一段落しますが、また年末年始はひたすら食べる日々です。まるでイタリア半島中が大食い競争をしているみたい。
雪のドイツ、写真を何度拝見しても美しいです。どうぞお風邪など召されませんように!
Commented by kio at 2010-12-26 18:28 x
rondine11さん、
frohe Weihnachten!
バター付きシュトレンは初めて見ました……すごい……。。。。
そうそう、レーズンとかドライフルーツが入ってないタイプのパンドーロ、うちの相方も大好物なんです(イタリア系なので)。
うちの近所にある、いきつけのイタリアンカフェの人からクリスマスプレゼントにもらって喜んでました。
イタリアでは、カフェの常連客とかにこういうものを贈る風習があるっていうんですけど、、ほんとでしょうか??
ドイツにはあまり無いですよね〜?!
では、おいしいクリスマスを〜
Commented by rondine11 at 2010-12-26 20:10
Cucciolaさま、
コメントありがとうございます!
お母様の手作りシュトレンですか、私も試してみたいと思うのですが、見た目が素朴な割に、実は時間と手間がかかるお菓子ということで、自分で作った事がないのです。
自分や家族の好きな物を混ぜてつくれるのは素敵ですよね。

満腹地獄とは、、、この季節の大きな喜びと苦しみでしょうか、ローマの年末年始がたのしみです。
Commented by rondine11 at 2010-12-26 20:20
Kioさん、
コメントありがとうございます!ベルリンも大分寒いようですね。私たちも今日はそり滑り検討中です。少し運動しないと、、、
カフェの常連さんへのプレゼント、、、なんとなく想像できます。イタリアってスーパーとかに行くと日本のお歳暮セットーお菓子ワインの詰め合わせーの様なものが売り出されているのを良く見かるのですよ、それを考えると
年末年始、お世話になっている人たちや、お得意様へのご挨拶みたいな習慣があるのかもしれません。ちょっと日本を思い出させますね。

Commented by まこ at 2010-12-27 12:49 x
フローエバイナハテン!

あなた本当に危険な生活してるね
心配だよ(・・;)
バイナハテンはレープクーヘンじゃないの?
ニュルンベルクだけ?
ぷーパパのバオムクーヘンうまそう
クール宅急便でよろしく頼むよ(^з^)-☆
チァオ!
Commented by rondine11 at 2010-12-27 20:09
まことさん、frohe Weihnachten!
心配してもらって申し訳ないのだけれど、もう手遅れです。
レープクーヘンはニュルンベルグ本場だけれど、どこでもクリスマスは食べられるのじゃないかな。バールセンのジャム入りハート形レープクーヘンおいしいわよー!
あーちなみにバオムクーヘンは市販のものです、、、
Commented by lacasamia3 at 2010-12-27 22:12
ドイツのクリスマスも楽しそうですね。雪が降って、もみの木がああって・・・ローマよりもクリスマス気分が盛り上がるかも(笑)。シュトレンも美味しそう~。
Commented by rondine11 at 2010-12-28 08:56
chihoさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。クリスマスに雪ってやっぱりなにかしっくりする物があります。
フィレンツェも雪が大分降ったようですね、いかがでしたか?やっぱり外は寒くても暖かい家のなかで美味しい物をいっぱい食べるのでしょうね!
今週中頃から再びローマ生活再開、イタリアの年越し楽しみです!

Commented by kio at 2010-12-29 16:17 x
この本を読んでから、
>モーレツ!イタリア家族 / ヤマザキマリ
イタリアの年越しはすごそうなイメージがあるのですが……。。
(同じ作者の、『テルマエ・ロマエ』はイタリアのプレスで
『ローマ帝国、ついに日本の漫画界を征服!』とか書かれたらしいです……オススメですよ〜♪)
ドイツもあの花火がすごいですよね。最初の年は、『内戦か?!』と思いました。。
『ロケット花火は人に向けないで!!』と毎年思います(涙)
ねずみ花火を、コートのフードに入れられた事も……。。。

イタリアの年越しレポート楽しみにしています〜!
Commented by rondine11 at 2010-12-31 02:21
モーレツ!イタリア家族、テルマエ・ロマエ、話は聞いた事があるのですけど、読んだ事無いのです、ああ日本の漫画恋しいー!!
kioさん今年のドイツはバッテリー花火と言うのが出回るらしいです。なんだか凄いですよ、こっちの人のワイルドさは恐ろしいですよね、年末お互い路上では気をつけましょうー!
Commented by kio at 2011-01-03 02:53 x
rondine11さん、
うち、漫画いっぱいありますよ〜。もちろんテルマエ・ロマエも2巻まで!!漫画喫茶をやってたことが一瞬あるくらい(笑)ドイツにいらっしゃったら貸せるのに……ちょっと残念。。。今年もよろしくお願いしまーす。
Commented by rondine11 at 2011-01-03 03:53
え!!漫画喫茶が出来るほどですか?うらやましいーーー!!
(私若い頃はほとんど中毒でした。)いずれ連絡を、、、
今年も宜しくお願いします!