聖マルティン ミュンスター聖堂

e0211204_827958.jpg


ボンの中心に位置し、街の象徴とも言える歴史ある教会です。
4世紀に殉教した聖カシウスと聖フロレンティウスの墓の上に9m ×14m の小さな礼拝堂が建設され、年を追うごとに、修復、拡張され現在に至ります。1802年までカシウス寄贈会によって運営されていましたが、その後は聖マーテイン教会に引き継がれました。

現在の様子はだいたい11世紀から13世紀のロマネスクーゴシック様式のものです。内装にすこしバロック時代の物も見られますが、ほんの少しだけです、これが新鮮! 何故と言うとローマでは豪華絢爛(時にはゲバケバしい)バロック様式の建築物を観る機会が圧倒的に多いため、落ち着いたロマネスク様式に出会うとその清らかなイメージにちょっとほっとするのです。まあここもカトリック教会ですので、一応十分な装飾がなされていますが、それでもこの聖マルティン ミュンスター聖堂は大分質素な感じがします。

今までもボンに来ると何度か訪れてはいましたが今回の雪景色で クロイツガング(キオストロ)がひと味違います。
ロマネスク特徴の重厚な感じのある半円アーチが続く回廊はとても静か、一面の雪、そして小さなクリスマスツリーが飾ってありました!なんだかこの中庭の雰囲気にとてもあった控えめなツリーです。
e0211204_822920.jpg




e0211204_8283438.jpg


内部の様子ですが、本当に神聖な感じが漂っています。多くの人々が祈りを捧げる為に椅子についていました。
クリプタでも 
ー祈りの為の部屋です(ただの)見学はご遠慮くださいー 
という標識がありました。

何となくカトリック教会総本山バチカン、そこを取り巻くローマが多くの教会を観光客の為に、(ほぼ観光客中心)大胆に、またある意味で少し無神経な形で開け放しているのに対して、ここでは本来のように信仰の為にある教会の姿が見られた様な気がします。

真剣に祈る人たちを目の前にすると、信仰のない私でも厳粛な気持ちになるものです。
[PR]
by rondine11 | 2010-12-23 08:42 | その他