野菜について

イタリアに来てからなんだか野菜がとってもおいしいのです。自然の力、太陽浴びてる野菜はやっぱり違うなあと感心。まさに食の国イタリアです。

ドイツの野菜ですが、大味です。こっちに来たばかりの当時はキュウリとか茄子が巨大なのには驚きましたねえ、日本のものの3倍の大きさ!これって巨人用だろうって。どんな魔法(薬)をかけたらこんなものが出来るのか不思議でした。果物はあまり糖度が高なくーー日照時間と気温の問題でしょうね。私の判断するとことですと、ほとんどのドイツの果物、野菜に分類しています。

しかしドイツにももちろんおいしい野菜沢山あるのです。わたしの好物の例ですと、五月末から六月は白アスパラガス、ナンバーワンです。くたくたにゆでて、生ハム、スモークサーモン、ジャガイモなどとバターソース、またはオランダ風ソースで一緒にいただきます。結構準備が面倒くさく、手抜きも出来ないに関わらず、我が家ではシーズンですとほぼ2日おきくらいで食卓にあがります。!冬場はグリューンコール。少し苦みのある冬の野菜です。脂身いっぱいのお肉料理に良くあいます。またコールから作ったザウワークラウト。これも美味い!

思い出せる範囲でですね最低8年くらい前からドイツで人気を高めつつ、ちょっといまは過剰加熱気味なのが、有機栽培野菜(商品)。
有機栽培 (オーガニック) 商品はドイツですとBioプロダクトと呼ばれています。果物、野菜に限らずお肉、乳製品、お米もパンもパスタも何でもかんでもビオ流行。もうこのまま行くと家具とかも有機栽培の木で作った箪笥とか椅子出て来るのじゃないのと思ってしまうくらい。大変もてはやされています。

食品ですと手間の掛け方が違うので味はとても良いのですが、値段が大分高め。わたしにはちょっと特別な存在です。かなり一般的なのですが、食と環境にこだわりがある人と、私から見たらちょっとだけハイソな人たちが買うと言ったイメージがあるかなあ。

いまやベルリン、ハンブルグですとそこら中に専門店を見かけます。さらにリデルやペニーのようなディスカウンタースーパーマーケットまでオリジナルビオプロダクトを持っています。ディスカウンターでビオって製造元はどうなっているのかなあとちょっと考えるのですが、、、

そのビオ表示ですねーイタリアにきてからあまり見かけない。もちろんありますが、ビオ専門店の数は圧倒的に少ない。うちの向かいにも一件ありますがドイツのそれとほとんど同じでビオ化粧品を含め、日本食素材をイメージし健康食の乾物、レトルトパック、南アメリカ産のビオコーヒー豆などの品揃え、少し地元色にかけるなあ、物足りない感じがします。

まあ住み始めて二ヶ月ちょっとですからまだ気づかないだけかもしれませんが、 スーパーマーケットにいっても、 生鮮マーケットにいってもとくにビオコーナーを誇張している様子は無いです。 食にうるさいイタリア人がそういった事気にしないとは思えないのですが、 アグリツーリズモとかも有名だし、、、ようするにわざわざ言うまでもなく有機栽培ってことかもしれません。


まあどうあれ、ここでは野菜や素材が美味しく、美しいので私は大変うれしいです。
しかも最近はすきじゃあなかった人参を克服してしまいました。 凄いぞイタリア野菜。


これにブロッコリー、カリフラワー(30ウン年の人生で自ら購入した事は一度も無い)を克服したらわたし食べられないものは無くなりますよーどうなるかなあー。


買い出しが楽しいエスクイリーノの生鮮マーケット。平日と土曜の朝から15時くらいまで営業しています。写真取るの取るの〜?って人なつこく聞いて来てポーズを取ってみる店員さんたちと野菜、お肉。お魚 エトセトラ。他にも日用品マーケットが隣にあります。

e0211204_638483.jpg
e0211204_6364968.jpg
e0211204_6361519.jpg


e0211204_635693.jpg

[PR]
by rondine11 | 2010-11-30 06:43 | その他