zehn  十


フランカ ポテンテ ご存知でしょうか?いまやドイツだけでなくハリウッドでも大女優になった彼女。私はベルリン来る直前、ローラ レント(邦題は ラン ローラ ラン ) という映画で初めて彼女を見ました。当時の感想としては力強い感じの女優さんだなーって。その数年後、有名な映画では、ボーン アイデンティティーでマット デイモンと共演しています。

彼女ですね、小説を出したのですよ。
タイトルは、zehn (ツェーン)ドイツ語で10という意味です。日本が舞台で10のショートストーリーからなる作品です。

わたし現代の小説ってあまり読まないのですが、プーさんのお父様が読書気違いでですね。もう時間があればあれをを取り寄せこれを取り寄せ、、、面白いものがあると私たちにも情報が来ます。いやー情報というより、もうアマゾンで本が家に届いていると言った方が良いです。

イタリア出発直前、彼から私宛てに フランカ ポテンテのこの zehn が届きました。せっかくいただいたのに、こちらに来てからは、なんだかんだで時間がなくて、、、しかしようやくにフィレンツェ、ローマ間の電車の良い道連れとして読み切る事ができました。



フランカ ポテンテは仕事の為に日本に滞在する機会が多かった様です。色々な人たちから話を聞いたり、自分で経験してみたり、そこからいろいろなイメージがわいて来たのでしょうね。

文体はかなり簡潔、読みやすくありますが、第一印象ですが文学としては少しあっさりし過ぎかなあ。
とりあえずもう一度読んでみようとおもいます。

内容ですが、古い文化や新しい文化と、様々な世代の主人公の目を通してみた日本の様子が上手に取り合わされた言える作品です。
まるで日本人が書いたのかなと思える様な箇所が作品では所々に見られ、彼女の感性はなかなかのものだなあって結構感心。それにしてもやはり、これは無いぞと思う所も幾つか見られましたが、まあそこは大目に、、、
それにしても それにしても、それにしても やっぱり、、、
登場人物の名前が(たまに)凄い、これにはかなり参りました。たぶんこれが無かったらこの小説は三割増の成績 (?) を取れただろうにと思うのです。大変もったいない。


ドイツで今一番有名とも言える女優さんの書いた作品、きっと日本版出るのではないかなあ。
ドイツ語勉強中の人にもちょっとだけお薦めです。
e0211204_7102088.jpg

[PR]
by rondine11 | 2010-11-04 07:34 | 読み物 | Comments(4)
Commented by kio at 2010-11-05 10:42 x
私も、ベルリンに行く前に日本でラン・ローラ・ランみました! プログラムにベルリン地図が載ってて……。生で実際撮影現場を見た時感激しました。 
フランカ・ポテンテ、、一番驚いたのはハリウッドに行ってた頃、イライジャ・ウッドとつきあってたことでした。。。意外な感じで。。最近はでも俳優としてはあまり目立たないような……と思ってたら本を出したんですね。この本のことは知らなかったです。
チェックしてみますー!!

Commented by rondine11 at 2010-11-05 17:43
こんにちはkioさん!私もベルリンに住み始めた当時感動しましたねーーオーバーバウムブリュッケとか特に!しかしベルリンの成長の早い事早い事、、、
そう彼女ですね、たしかに最近テレビシリーズ単発で見かけたりするけれど新しい映画作品の出演のはなしは聞きませんね、小説に専念していたのだか?
作品ですが、良い所もあれば、あれー? っといった所もあり、話の種におためしを、、、


Commented by kio at 2010-11-08 03:09 x
rondine11さん、
まさに、私もオーバーバウムブリュッケで感激しましたね〜。
あと、ふとリーニエン通りを歩いてて、『あ、この風景知ってる』……とか。。けっこうバラバラの場所を継ぎはぎして、1つの走りにしてるみたいですね。
あの映画を見て、『ベルリン行くぜ〜』と思ったんですよ(笑)
フランカ・ポテンテ、たしかクロイツベルグ在住だったはず、、

全然話に関係ないんですが、、私は、アウグスト・ディールのファンです☆
Commented by rondine11 at 2010-11-08 08:06
kioさん!アウグスト ディールですか、彼もかなり活躍していますよね。
ご覧になりましたかLichter? 彼よかったですよーこれもちょっとお薦めです。