エラスムス 何度でも挑戦


再びアカデミーに行ってきました。実家カラブリアから先週再びローマに出て来たA君が私に学校を少し見せてくれるって、それとエラスムスオフィスに新しい助っ人が来た為、新しい情報が得られると思ってのことです。A君はハンブルグに一年滞在し、その当時何回かアカデミーの様子を私に語ってくれたエラスムス交換留学の学生です。

11時 約束の時間に彼はイタリア人らしからず既にきていました。彼に久しぶりに会ったらなんだかアパート探しの苦労と最近ようやく入居したらしく部屋が整っていない事、日曜日少し寒かった事など、ストレスの連続で気の毒に風邪を引いたとのこと。クソ暑いのにかわいそう(10月14日です)

少し学校内をめぐってから、エラスムスのオフィスにも同行してくれて、私が済ませた手続きとその他に必要な手続きについてイタリア語で新しく担当になった男の子と話をしてくれたのですが、、、いろいろ確認して行くと私の書類が全部無くなってるー!担当の男の子(緊急の助っ人であって責任者ではありません)もハンブルグからの学生のファイルには何も入っていないけどおかしいねえ、、、って??二週間前作ったのにー?あんなに大騒ぎして作ったのに?無いってなに?確かにオフィスの机やら棚やらを観ると大分混乱している様子ですが、その書類が無いとメンザ(学食)利用のカードが作れないという、、、、助っ人君とA君とで話してみて、きっと学期の始まる一週間後くらいにはすこし落ち着いて登録の書類も見つかるかもしれない(「かも」ってなんだ!?)のでまず登録書類のほうは置いておいて、試しに直接メンザの事務所に行って交渉してみるのが良いのじゃないか話になり。アカデミーからメンザに移動です。

その移動が30分。アカデミーは美術系、デザイン系のみのほぼ単科大学なのでいくつかの手続きをサピエンツァ大学というヨーロッパ有数の学生数を誇る巨大大学で済ませなければならないのです。2人で巨大大学の巨大メンザに着いてみるとメンザ利用カード作成窓口に長蛇の列。約70人位の順番待ち学生に対して担当者が一人です。まあいつもの事で慣れて来たのですけれど、30分行列してその担当者に話を聞くとエラスムスの登録書類の他にフィスカルという登録番号が必要だって??パスポートナンバー以外の番号です。このメンザからかなり離れた所で番号の作成可能で、そのオフィスは今日はもうしまっています。
あー何故一日一つの事がこなせないのか?!なんですべてのものが離れた所にあるのかー!! 
なんで振り出しに戻るがそんなに良く出るのか!!!
一緒につきあってくれたA君もローマの学生生活5年目とあって、 慣れたものというか、はじめからあきらめてーある意味で余裕かなあ、イタリア育ちはさすがに違います。彼もまた明日再びこのサピエンツァ大学にて奨学金の応募をしなければ行けないとの事。 やはり行列待ち3時間コースだそうです。

みんなそんなに時間たっぷりあるのー?それとも日本で育った私の時間の感覚がまったく違うだけなのか(そうみたいだ)、、、
こういう事って少し長くその土地に住めば慣れるのでしょうが、今回のわたしは半年限定と言う事もあり、すこし焦り気味かーとも思うのです。なかなか意識を変えることって難しいなあ。
[PR]
by rondine11 | 2010-10-28 05:25 | 学業 | Comments(0)