アカデミー入り

アカデミーに行ってきました!信じられなくきれいな学校です。何と言ったらいいか掃除が行き届きすぎていています。なんだか15分おきに掃除してるんじゃあないのって感じです。
そして終に、終に!交換留学/エラスムスオフィスを訪ねたのです。が、案の定しまっていました。ドアに張ってある受付時間なんてまったく意味ないです。いつも業務時間内に訪ねたり電話しているのにここ3ヶ月間コンタクトがとれたのは一度きりです。いったいいつ仕事しているのだろう?

中庭にひとりぽつねんと座る学生にいくつかの質問を話してみると、
「ここではオーガニゼーションみたいなものはまったく機能しないわ。昨日、教授と約束があって来たのだけれど四時間待ても来なかったし。もしかしたら今日もこないかも、、、」

今は12時です。彼女いつから今日はここにいるのだろう?
だいたい
それってほんとに約束あったのか?って思いますよね4時間!?40分の間違えじゃあないのですよ。
イタリアの学生でさえこれですからわたしの場合先が思いやられます。


この日はその後、フィレンツェに住む友人キアラがちょうどローマに来ていたため一緒に食事に出かけました。彼女とはかれこれ7年前、ベルリン時代に知り合いました。バリバリのキャリアウーマンです。ロンドン、ベルリンで観光行に従事して、二年くらい前からローマ 、フィレンツェでホテル関係のソフトウェアーをつくる会社のマネージングディレクターをしています。イタリア語の出来ない私に変わって何回か学校に連絡してくれたり、アパートの件も手伝ってくれて何とも心強いかぎり。久々の再会を喜んだ後、今見て来たアカデミーの様子を話したのですが、やっぱり彼女も学校の対応をかなり訝しがっており、
「あなた、ちょっとあの学校普通じゃないわ だって、留学生用ののアパートや部屋の貸し出しや、その他の情報はないのかって聞いたら何もない、 解らないっていうし、そもそもエラスムスの交換留学生は毎年いるわけでしょ、しかもほかの総合大学と違って生徒が沢山いるわけじゃないのだからもう少し丁寧な扱いがあってもいいと思うの、だいたいきちんと話せる担当者が一度もいないのもおかしいし」
って。 彼女とは分野が違いますけれど、やっぱりイタリア人の意見ですからね、イタリア人もおかしいと思う対応ということは、わたしの感じる「わたしって不当にあつかわれてる?!」は「文化の違いね!」では無いわけです。
まあある程度予想はしていたのですが、イタリア人もお手上かあ、、、と、ちょっとぐったりしてしまいました。

まあそんなことは少し忘れて、お昼ご飯は彼女と彼女の彼とうちのプーさんとでパンテテオンの近くにあるマッケロー二というレストランでいただきました。

彼女達はローマに住んでいた事もあり、彼女はフィレンツェに移ってからは本業の他に、インターネットラジオキャンティーのガストロノミー部門を担当し始めているとのことで、美味しいお店がどこにあるかなんてもう知り尽くしていますねえ、私たちは何も考えずにただただついて行ったのですが、そこは小さな通りにあり、思わず見逃してしまう様な落ち着いた店構えです。しかしお客さんは沢山!そして
そこのパスタのおいしい事!
彼らはパルメザンチーズのソースと黒こしょうのパスタ。このシンプルなコンビネーションは画期的でした!
素材の味がーなんと際立っていた事!わたしはアマトリチャーをいただきました。グアンチャーレ(豚肉の頬肉)とトマトソースに。これもトマトソースがお肉、(チーズも入っているようです)によって濃厚になり美味しい美味しい!

レストランの様子は以下で。
http://www.ristorantemaccheroni.com/

彼女はニースからの会議の帰りにローマによったとの事で明日は早くからフィレンツェでまた会議があるらしく忙しく3時過ぎに駅に向かいました。

私達はもしかしたら学生に何か聞けるかもしれないしと思って再び学校に行ってみたのですが これがすごい!事務所のフロアには黒山の学生が!どうやら冬学期の学生登録の為らしく順番街待ちが凄まじいようです。いつもの事で言葉の通じる学生を四苦八苦して探しだし
様子を聞いてみたら9月30日までに登録を済ませないと行けないらしく皆必死なんですって。
説明してくれた彼女もかなり疲れていました。手続きまでの待ち時間が3時間ぐらいかかるそうです。あまりに殺気立っていたので私たちは学校を後にしました。
どうなるかなー この先ー?
[PR]
by rondine11 | 2010-10-22 03:59 | 学業