Flammkuchen(フラムクーヘン)です



Flammkuchen(フラムクーヘン)です。(9月17日 2010)
バイト先のJimmy Elsass (ジミー エルザス)へローマ行きの挨拶もかねて親友かつ同僚、モードデザイナーのマリーと一緒におそらく今年最後のフラムクーヘンを食べに来ました。
知る人ぞ知るハンブルグの名店です。夏場などドイツでは異例の本当に行列の店!

e0211204_4304360.jpg




フラムクーヘンとはエルザス地方の郷土料理です。
このエルザスはフランス、ドイツの国境にありかなり込み入った歴史のある地域です。


そのフラムクーヘンですが、とても薄い小麦粉の生地が楕円形にスゴーク薄くのばしてあって、その上に簡単に味付けしたサワークリームとクリームのソースを敷き、その上にトッピングし、石釜で香ばしく焼くという簡単素朴なものですが、これが美味い!
オリジナルは角切りベーコンとタマネギのみです。シンプルさがものをいう人気の一品、オリジナルだけあって人気です。
ビルネ/ツィーゲはヤギのチーズと洋梨の組み合わせで、癖のあるチーズと洋梨の甘さが絶妙のマッチ!うちのお店のほぼナンバーワンでしょうか。 その他にも季節によってメニューは変わりますが15種類前後の種類があります。
そして何よりワインですねー。うちのシェフのベアント、フランス人シェフのセバスティエンが選ぶ香りだかく、美しく、もちろん美味しいフランスワイン!赤も白も格別です。もちろんシードルも忘れられません。フルーティーでドライ。夏場はいくらでも飲めますね。でも気をつけないとやはりいけません!アルコール5パーセントは入っています。


私たちがこの日いただいたのは、スモークサーモンとメアーレティッヒ、ポロネギのフラムクーヘン、 ドイツ名物ザウワークラウトとベーコンのフラムクーヘン。ナツメヤシと羊のチーズとベーコンのフラムクーヘンでした。お腹いっぱい!



スタッフはドイツ語のほかにもフランス語、英語に堪能ですので心配なくワインやメニューに関する質問してやってください!

Schäferstr. 26, 20357 Hamburg
040 44195965
地下鉄U1.3の Schlump駅から徒歩3分。
地下鉄U2の Christuskirche から徒歩5分です。


そして、、、
友人のマリーはハンブルグで創作、ベルリンを中心に、日本でも作品を販売中の活発なニットデザイナーです。私と母の愛する装苑(so-en)にも今見所のあるドイツデザイナーとして紹介され、昨年のパリの若手コレクションメッセの様子は資生堂のは花椿でも紹介されました 彼女の作品の一つには実は私の名前がついています(うふふー)
作品はすべて手編みです。日本では東京のいくつかの代理店で購入できるはずですが、さらなる興味がある方は代理店へ、もしくは彼女のウェッブサイトから連絡をしてください。

http://marielouisevogt.com/

[PR]