「ほっ」と。キャンペーン
ラインラント ヴェストファーレンで大晦日からカーニバルに食べられる伝統菓子です。

e0211204_05272442.jpg

アーモンドの形をした一口大のあげドーナッツで生地はクッキーを柔らかくした感じで、ラム酒がはいっていたり、マジパンが混ぜてあったり。

しっとりで美味しいんだー。

しかし名前の由来が良くわからない、、、どなたかご存知ありませんか?

ところでイタリアで食べたことのあるクリーム入り揚げシュー、ビニエ ディ サンジュセッペがクラップフェンという名前で売っていました。びっくり!ローマでもこのシーズンの御菓子です。ちなみにクラップフェンというとベルリンではまるいジャム入りの揚げドーナツで、ボンやハンブルクではそれはベルリーナーと呼ばれています。

一応大晦日からカーニバルがシーズンの御菓子ではありますがなんだかややこしい、、、 あ!こっちはふっわふわでとっても美味しいですよ。


[PR]
明日よりレプリカの展示をします。
展示される作品は本物ではなく写真なのですがびっくりクオリティーです。一見の価値有り!
、、、各作品25枚印刷されるらしく、もちろんオリジナルよりうーんとリーズナブルです。ばんばん売れると好いのだけれどなあ。


催し物はレプリカの展示とアートファッションショー、コンサート等が有り盛りだくさんな内容です。
お近くにいらっしゃる方是非いらしてください。
e0211204_05305502.jpg

ARTWALK FASHION FLEET ////ERÖFFNUNG 8/12/16 - 18.00 Uhr ////ART - FASHION - SHOW - 20.00 Uhr

///////////////

KONZERT Luca SALO 10/12/16 - 20.00 Uhr (experimental Jazz Piano mit Beatbox)
Philipp van der Heijden (Hamburg) - Elektrogedöns mit Beatbox, Live Sampling und Looping
ÖFFNUNGSZEITEN 9/12 - 11/12/16 - 15.00 - 19.00 Uhr

Fleetstreet Theater/Admiralitätstraße 76/20459 Hamburg







[PR]
ケムニッツでのグループ展示に参加いたします。
ハンブルクのギャラリーからの交換展示です。
作品は火曜日にギャラリストとともに出発、、、
カタログ渡すの忘れてしまったーーーー
これから急いで郵便局いってまいります。国内は一日あれば届くはず!

オープニングは明日。お近くにいらっしゃるかた是非御立ち寄りください!!

25 Spezialitäten aus Hamburg
Eine GruppenAusstellung
Eröffnung am Freitag, 21.Oktober. 2016 uns 19.30 Uhr
Ausstellungsdauer: 21.10-03.12.2016

Galerie Borssenanger Chemnitz
Strasse der Nationen 2-4
09111 Chemnitz

[PR]
今年の九月はどうした事か!
なんとまだ夏の様な日々が続いております。
10年以上ハンブルクに住んでいますがこんなの初めて!!
地球温暖化のせいでしょーと言われると怖いような気もしますが、太陽が出てくれて、半袖がまだ着られると思うとやっぱり嬉しい、、、
相変わらずのんきにしていますが、ぼちぼち活動していますよ。
近所のカフェ、ワインバーのカウンターの上に葡萄の木をモチーフにした作品が欲しいとのオーナーさん達の依頼を受けてぷーさんと二人で描いてきました。
はじめは葡萄なんてしょっちゅう食べるみじかなものなので簡単簡単とかおもっていたら大間違い!木がどんな感じでつるをのばし葉っぱがついて実がついて、、、葉っぱのギザギザがどんな風だったっけ?と、意外とには正確には知らないものですね。インターネットで調べるのはもちろんですが、中庭にいって葉っぱやつるみてきましたよ。実物を観察するってやっぱり大切です。
e0211204_4441215.jpg

e0211204_4442359.jpg




して、こんな感じになりました。
e0211204_4451995.jpg


美味しいワイン、食事を引き立てることができるかな。
[PR]


昨年の末、女の子センター(メートヒェンツェントゥルム)のフライヤーのイラストを依頼されていたのです 。
私が担当のイラストは去年のうちに提出してしまっていたのですが、グラッフィック担当のデザイナーさんがハンブルク市指定のフォームやロゴ等をレイアウトし、それから印刷屋さんへ、そして先週ようやく完成品が手元に届きました。
文章やその他の情報に関しては私はノータッチなのでどんなふうになるか全体の想像できなかったのですが、良いバランスで仕上がっていて嬉しい事!
e0211204_17452973.jpg


ところで女の子センターってなに?ッとなると思うのですが、
それは小学校から高校に行く女の子達が放課後に集まることのできる施設のことです。
会館時間はたいてい平日の午後。
子供達は好きな時間に出掛けて行って違う学校へ通うお友達、センターの先生たちと一緒に放課後を過ごします。
ここに来る女の子達はお茶をのみながらおしゃべりをしたり、ゲームやダンス(イマドキはヒップホップがはやっているらしい)を楽しんだり、みんなでお料理をしたり、学校で出る宿題、課題、またアビトゥーア(大学入学資格試験)の準備や就職や職業訓練への履歴書作成などをスタッフのお姉さん先生達に手伝ってもらいながらこなします。
街が運営しているため利用料はなんと無料!
こんな素晴らしい施設があるのですが、ここ数年利用者が減ってきていたため、ここは一つ宣伝せねば!ということでフライヤーのお仕事を一緒にさせて頂いた訳です。

ちなみに入館できるのは子供もスタッフも女子のみ。プーさんと一緒に一度訪ねていった事があるのですが、男子禁制!!彼はドア外で待っていなければならず、、、かわいそう、と、徹底しています。
そうなると男の子達はどうしているの??ってなりますよね。ちゃんと同様の施設がありますよー。彼らが通うのは青少年センター。基本的な内容は同じです。まー女の子と違うのはおしゃべりよりビリヤードとか、キッカーがお楽しみの中心かなあ(行った事が無いので想像ですよ)こちらはセンターによって男女一緒の所有もるようです。

ドイツの子供の放課後の過ごし方をちょっとかいま見る事ができた愉快なきかいでした。
[PR]